岩元禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩元禄
岩元禄-photo.jpg
生誕 1893年(明治26年)5月23日
日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
死没 (1922-12-24) 1922年12月24日(29歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 京都中央電話局西陣分局

岩元 禄(いわもと ろく 1893年5月23日- 1922年12月24日)は日本の大正期の建築家逓信建築の先駆け、斬新なデザインの作品を設計したが、病気のため早世した。

逓信省建築部の中核をなす設計者の一人として将来を嘱望されていた。西陣電話局の完成後に夭折したので作品数は少ないが、建築を創造として捕えた姿勢は同世代 、次世代の建築家に影響を与えた。

経歴[編集]

1893年(明治26年)、鹿児島に出生。幼少時に父が死去し、兄・岩元禎一高教師となったのに伴い、上京。青山小学校府立一中一高を経て、1915年(大正4年)東京帝国大学工科大学建築学科に入学。

1918年に卒業し、逓信省に入った。1920年逓信技師就任。経理局営繕課に勤務。

絵画、彫刻、音楽と多趣味であり、建築の芸術性を追求した。 1921年に竣工した京都中央電話局西陣分局は、裸婦像をモチーフにした独創的なデザインで、岩元の代表作。

同年1月、東大助教授(建築意匠論)に就任し建築学第一講座を担当したが、同年秋に結核を発病。療養生活に入り、翌年死去。

作品[編集]

旧京都中央電話局西陣分局

現況欄の○は現存、✕は現存せず

 建築物名 現況 所在地 指定 備考
/きようとちゆうおう京都中央電話局西陣分局
(現・NTT西陣別館)
1921年(大正10年) 26京都市上京区 重要文化財
/浪花電話局
1921年(大正10年)  
/とうきようちゆうおう東京中央電話局青山分局
1922年(大正11年) 13東京都港区
/はこねかんこう箱根観光旅館
1927年(昭和2年) 14神奈川県箱根町

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 八木憲一「故正員岩元禄君の死を悼む」『建築雑誌』1923.5月号
  • 神代雄一郎「創造を始めた岩元禄」『近代建築の黎明』美術出版社、1963
  • 向井覚『建築家岩元禄』相模書房、1977
  • 藤森照信「西陣の空高く美女と野獣が西陣電話局」『建築探偵雨天決行』朝日新聞杜刊、1989

外部リンク[編集]