岩元禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いわもと ろく
岩元 禄
岩元禄-photo.jpg
生誕 1893年(明治26年)5月23日
日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
死没 (1922-12-24) 1922年12月24日(満29歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 京都中央電話局西陣分局

岩元 禄(いわもと ろく 1893年5月23日- 1922年12月24日)は日本の大正期の建築家逓信建築の先駆け、斬新なデザインの作品を設計したが、病気のため早世した。

経歴[編集]

1893年(明治26年)、鹿児島に出生。幼少時に父が死去し、兄・岩元禎一高教師となったのに伴い、上京。青山小学校府立一中一高を経て、1915年(大正4年)東京帝国大学工科大学建築学科に入学。

1918年に卒業し、逓信省に入った。絵画、彫刻、音楽と多趣味であり、建築の芸術性を追求した。1921年に竣工した京都中央電話局西陣分局は、裸婦像をモチーフにした独創的なデザインで、岩元の代表作。

同年1月、東大助教授(建築意匠論)に就任したが、同年秋に結核を発病。療養生活に入り、翌年死去。

作品[編集]

旧京都中央電話局西陣分局
  • 京都中央電話局西陣分局(現NTT西陣別館、1921年、京都市上京区、重要文化財
  • 東京中央電話局青山分局(1922年、現存しない)
  • 箱根観光旅館(1922年、現存しない)

その他[編集]

外部リンク[編集]