岡野松三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡野 松三郎(おかの まつさぶろう、天保4年(1833年) - 明治29年(1896年4月5日)は、幕末明治期の医師、蘭学者、教育者。

経歴[編集]

備前国生まれ。父親は岡山藩士の岡野紋次郎。

はじめ、藩命により京都広瀬元恭に入門。次いで大坂に出て緒方洪庵適塾に入り、塾頭の福澤諭吉らと共に蘭学を修める。藩主池田茂政に用いられ、帰郷したのちに藩命により改めて江戸に出て慶応2年(1866年)に鉄砲洲慶應義塾に入学。卒業後の慶応4年(1868年)5月に岡山藩の兵学館教頭に就任。更に岡山藩の遺芳館や医学校などで永鳥貞次郎と共に教鞭を取る。島村鼎甫松岡脾花房義質黒田網彦らが同窓である。

ほか、東奥義塾岡山普通学校篠山中学校岡山師範学校の教員等を歴任した。小松原英太郎岡田純夫は教え子である。

1910年(明治43年)従五位を追贈された[1]

参考文献[編集]

  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.27