岡村孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡村孝一(おかむら こういち、1937年-1980年)は日本のフランス文学翻訳家。

人物[編集]

ジョゼ・ジョヴァンニなど、多くのフランスの暗黒小説を翻訳した。

1962年に早稲田大学法学部を卒業。

訳書[編集]

  • A.D.G.
    • 『おれは暗黒小説だ』
  • ジョゼ・ジョヴァンニ
    • 『生き残った者の掟』
    • 『流れ者』
    • 『わが友、裏切り者』
    • 『墓場なき野郎ども』
    • 『気ちがいピエロ』
    • 『ひとり狼』
    • 『オー!』
    • 『穴』
    • 『おとしまえをつけろ』