岡本学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡本 学
おかもと まなぶ
誕生 (1972-08-11) 1972年8月11日(48歳)
日本の旗 日本東京都日野市
職業 小説家
大学教員
国籍 日本の旗 日本
教育 博士
最終学歴 早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了
活動期間 2012年-
主な受賞歴 群像新人文学賞(2012年)
デビュー作 「架空列車」(2012年)
テンプレートを表示

岡本 学(おかもと まなぶ、1972年 - )は、日本小説家情報工学者である。東京都日野市生まれ、埼玉県在住[1]

経歴[編集]

桐朋中学校桐朋高校卒、早稲田大学教育学部理学科数学専修卒、早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専修修士課程修了。早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。2010年「匿名通信サービスの研究」で博士(国際情報通信学)。神奈川工科大学情報学部情報ネットワーク・コミュニケーション学科教授[2]。専門は情報セキュリティ

2012年に第55回群像新人文学賞を「架空列車」(「失った架空」改題)で受賞しデビュー。作品の執筆は、片道3時間の通勤中に電車の中で行った[1]。 猫好きである[3]

2020年、「アウア・エイジ(Our Age)」で第163回芥川龍之介賞の候補になる。

作品[編集]

単行本[編集]

  • 『架空列車』(2013年、講談社)
    • 初出:『群像』2012年6月号
  • 『再起動』(2017年、講談社)
    • 再起動(『群像』2016年11月号) 
    • 高田山は、勝った(『群像』2013年4月号)

雑誌掲載[編集]

  • Identity Provider(『群像』2014年10月号)
  • 俺の部屋からは野球場が見える(『群像』2018年4月号)
  • アウア・エイジ(Our Age)(『群像』2020年2月号)

脚注[編集]

  1. ^ a b 第55回群像新人文学賞決定
  2. ^ マナブ研 ホームページ
  3. ^ 岡本学ツイッター