岡崎寛徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡崎 寛徳(おかざき ひろのり、1969年 - )は、日本近世史学者岐阜県生まれ。中央大学文学部卒業。2002年同大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了、「近世武家社会の儀礼と交際 政治社会文化情報との関連から」で博士(史学)。大倉精神文化研究所・中央大学人文科学研究所・宗教情報センター研究員。

著書[編集]

編纂
  • 『遠山金四郎家日記』編 岩田書院史料叢刊、2007

関連項目[編集]

参考[編集]