岡崎国臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡崎国臣

岡崎 国臣(おかざき くにおみ、1874年明治7年)6月12日[1]1936年昭和11年)5月22日[2])は、日本の農商務官僚衆議院書記官長東京株式取引所理事長。

経歴[編集]

島根県簸川郡久木村(現在の出雲市)に勝部又一郎の二男として生まれ、衆議院議員岡崎運兵衛の養子となった[1][3]1900年(明治33年)に東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、同年に高等文官試験に合格した[1]。農商務省山林局事務官群馬県事務官、福井県事務官、農商務省参事官、同書記官、大阪鉱務署長、農商務省大臣官房文書課長などを歴任し[1]1915年大正4年)に衆議院書記官長に就任した[3]

退官後は東京株式取引所理事・理事長を務めた[4]。その他に第三銀行取締役、大社宮島鉄道取締役、松陽新報社社主などを務めた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信録 第4版 1915.
  2. ^ 『昭和物故人名録』 日外アソシエーツ、1983年。
  3. ^ a b 衆議院要覧 1915.
  4. ^ a b 人事興信録 第10版 1934.

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧下巻 大正四年十一月』 衆議院事務局、1915年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第10版 上巻』 人事興信所、1934年