岡崎令治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡崎 令治(おかざき れいじ)
人物情報
生誕 1930年10月8日
日本の旗 日本 広島県
死没 1975年8月1日(満44歳没)
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
出身校 名古屋大学
学問
研究分野 分子生物学
研究機関 名古屋大学
ワシントン大学 (セントルイス)
スタンフォード大学
博士課程
指導教員
山田常雄
主な業績 岡崎フラグメントの発見
テンプレートを表示

岡崎 令治(おかざき れいじ、1930年10月8日 - 1975年8月1日)は、日本の分子生物学者。広島市白島(現中区白島)出身。生きていればノーベル賞は確実だったろう、といわれる日本の分子生物学のパイオニア。

略歴[編集]

広島高等師範附属中(現・広島大学附属中学校・高等学校)2年の時、原子爆弾黒い雨を浴びた。その後、岩国中学、第五高等学校を経て、1953年名古屋大学理学部生物学科卒業。発生生物学者山田常雄教授のもとで形成体(オーガナイザー)について研究。

1960年ワシントン大学のストロミンジャー、アーサー・コーンバーグのもとに留学。スタンフォード大学を経て、1963年、名古屋大学理学部化学教室の鈴木旺教授の講座の助教授として帰国。

1966年DNAの合成前駆体である短断片(岡崎フラグメント)を発見し、Proc. Natl Acad. Sci USA誌、ならびにコールドスプリングハーバーシンポジウムで発表する。1967年、同分子生物学研究施設教授。1972年、岡崎フラグメント間をつなぐRNAを見いだし、DNA非連続合成のモデルを完成させた。

1975年、広島での被爆が原因の慢性骨髄性白血病で米国旅行中に44歳で急逝した。その後、夫人の岡崎恒子名古屋大学教授(現・藤田保健衛生大学)により研究は引き継がれた。 分子生物学の教科書なら必ず記載されている岡崎フラグメントの研究は、日本の分子生物学の金字塔であると言われる。「何が「essential」か,そして「essential」なことを解析するためにはどのような決定的実験をやるべきか。」の名言が残されている。