岡崎恒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡崎 恒子(おかざき つねこ、1933年6月7日 - )は日本の分子生物学者遺伝子複製の仕組みを予測させたDNA断片「岡崎フラグメント」の研究で知られる。

名古屋市に生まれる。愛知県立旭丘高等学校を経て、1956年名古屋大学理学部生物学科卒業。同年岡崎令治と結婚する。博士課程在籍中に夫婦でワシントン大学およびスタンフォード大学に留学する。1963年帰国、1965年に名古屋大学助手となる。令治と1966年岡崎フラグメントを発見する。1976年名古屋大学助教授。1983年名古屋大学教授。97年退官し、同大名誉教授。1986年中日文化賞[1]、2000年ロレアル・ヘレナ・ルビンスタイン賞(現・ロレアル-ユネスコ女性科学賞)、紫綬褒章を受賞した。現在、藤田保健衛生大学総合医科学研究所客員教授

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第31回-第40回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]