山谷虎三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山谷虎三

山谷 虎三(やまや とらぞう、万延元年7月14日[1]1860年9月1日) - 昭和2年(1927年1月15日[2])は、日本の衆議院議員立憲国民党)。弁護士

経歴[編集]

美作国真島郡勝山(現在の真庭市)出身[3]1882年(明治15年)、明治法律学校(現在の明治大学)を卒業[2]代言人、弁護士として活動した。勝山町会議員、中国鉄道株式会社支配人、阿哲銀行頭取などを務めた[2][3]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1916年大正5年)の補欠選挙でも再選を果たした。

著書[編集]

  • 『日本憲法正解』(1889年、日本書籍)

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』
  2. ^ a b c 『衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧 大正元年十一月』 衆議院事務局、1912年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年