山田高誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 高誌(やまだ たかし、1977年2月9日 - )は、日本音楽学者楽譜校訂者。熊本大学教育学部准教授兵庫県出身。リコーダーの演奏活動・指導も行っている。[1]

学歴・研究歴[編集]

イタリア国立バーリ音楽院付属音楽研究所“カーサ・ピッチンニ”客員研究員、日本学術振興会特別研究員DC2、日本学術振興会特別研究員SPD(東京芸術大学音楽学部受け入れ)、トスカーナオペラ・アカデミー「ドメニコ・チマローザ」(在コルトーナ市)学術委員、日本学術振興会海外特別研究員(バーリ音楽院付属音楽研究所"カーサ・ピッチンニ" Dinko Fabris教授受け入れ)、大阪大学大学院文学研究科芸術学講座(音楽学)助教などを経て、2014年4月より熊本大学教育学部専任教員。

研究分野[編集]

ナポリ楽派を中心とした音楽史を専攻。イタリア・オペラ史(劇場史)、とりわけ18世紀ナポリで上演されていたオペラ・ブッファについて、多方面からの具体的な史料調査、及び楽譜校訂を行っている。また現在は、研究対象を19世紀前半にまで広げ、ナポリにおける市民革命の背景となった「市民文化」の高まりの具体的な解明を、研究の中心テーマとしている。

受賞[編集]

Premio OPERA IMAIE 2007 (イタリア表演芸術家著作権保護協会主催 第2回イタリア国内CD/DVDコンテスト)

  • クラシック・現代音楽部門大賞(指揮者 F.Quattrocchi との共同出版CD《Sinfonie avanti l'opera, intorno a Mozart》に対して)[2]

主要な出版物[編集]

  • 『国立音楽大学附属図書館所蔵 貴重書解題目録』(国立音楽大学、2007年2月出版、共著)(執筆 ①「パイジェッロ作曲ナポリで上演された5つの喜劇オペラ筆写譜」pp.36-37、②「チマローザの《秘密の結婚》ナポリ版スコア筆写譜(1793年)pp.38-39」、③ルチア・シルク著「ポンキエッリの《間抜けな町長》2つの自筆譜(1851年)」pp48-49 翻訳) 
  • “Prima la musica, poi le parole; le sinfonie avanti l’opera degli italiani intorno a Mozart”, in 山田高誌 - Francesco Quattrocchi – Orchestra Sinfonica Abruzzeseアブルッツォ州交響楽団CD《Sinfonie avanti l'opera, intorno a Mozart》(Bologna: Bongiovanni, GB 5634-2: 2007年4月出版)*山田による選曲、楽譜校訂、作品研究、解説:[全曲世界復活初演] ピッチンニ作曲《Il Finto turco偽のトルコ人》(ナポリ, 1762)、《Li Napoletani in Americaアメリカのナポリ人》(ナポリ,1768)、パイジェッロ作曲《L'Arabo cortese寛大なアラブ人》(ナポリ, 1769)、同《Zelmiraゼルミーラ》(ナポリ, 1770)、同《Dardane’ダルダネ》(ナポリ, 1772)、同《Il Tamburo太鼓》(ナポリ, 1773)、ルケージ作曲《L’Inganno scoperto見破られたペテン》(ボン,1773)、アンフォッシ作曲《L’Incognita perseguitata苦しめられた身分不詳の女》(ローマ,1773)《Zenobia in Palmiraパルミーラのゼノビア》(ヴェネツィア, 1790)、チマローザ作曲《I Finti nobili偽貴族たち》(ナポリ, 1780)
  • “Domenico Cimarosa in Russia”, in 山田高誌 - Francesco Quattrocchi, CD《Atene edificataアテネ建都 (S.Petersburg, 1788) & Coro dei guerrieri軍人たちの合唱(S.Petersburg, 1791)》: 指揮Francesco Quattrocchi, 演奏Alio Tempore Ensemble, 合唱Schola Cantorum San Sisto (Bologna: Bongiovanni, GB 2428-2, 2008年5月出版) , pp.6-27. 山田による監修、楽譜校訂、作品研究、解説。全曲世界復活初演。
  • Francesco Quattrocchi - 山田高誌, Orchestra sinfonica abruzzese- Schola Cantorum San Sisto, CD, Cimarosa, 《Voce Coelis - Domine ad adiuvandum - Credo - Magnificat - Antra ubi quaestus Echo》(CD: Bologna, Bongiovanni, GB 5636-2, 2009年4月)山田による監修、楽譜校訂、作品研究、解説。全曲世界復活初演。
  • Russo, F. P. (ed.) (2013), La figura e l'opera di Giuseppe Giordani (Napoli 1751 - Fermo 1798): Atto di convegno su Giuseppe Giordani. Fano (Conservatorio di musica di Fano «G.B. Pergolesi») – Lucca: LIM, 255-262.(6-1 Yamada T., Giuseppe Giodani al Teatro del Fondo di Napoli nel 1781: i rapporti con l’impresario Aniello Riccardi.)
  • Amato, M., C. Corsi, and Grande T. (eds.) (2014), ‘Da Napoli a Napoli’: Musica e musicologia senza confini. Lucca: LIM, 131-162.(7-1 Yamada T., La versione napoletana de 《Il Matrimonio segreto》 (Napoli, 1793): una partitura ritrovata all’Università di Musica Kunitachi di Tokyo con annotazioni sulle condizioni di esecuzione attraverso i mandati di pagamento dell’Archivio Storio del Banco di Napoli.)

リンク[編集]

出典[編集]

脚注[編集]