山田晃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 晃子
生誕 (1986-11-10) 1986年11月10日(33歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

山田 晃子(やまだ あきこ、1986年 - )は、東京都生まれの日本のヴァイオリニストである。2002年、ロン・ティボー国際コンクール史上最年少16歳にて優勝。

幼少時代[編集]

2歳の時、父の転勤によりロンドンへ移り、ロンドン在住中の3歳の時にヴァイオリンを始めた。1993年に帰国し、日本の小学校に1年間通ったが、再び父の転勤により、7歳の時にパリへ渡った。パリでは公立小学校とパリ市立音楽院に入学した。在院中からパリ各地の演奏会に参加し、ルーブル美術館ホール、パリ・ノートルダム寺院、ガロワ・モンブラン追悼演奏会等にいずれも最年少で出演した。また、フランス・テレビジョンのドキュメンタリー番組に取り上げられ、幼少の頃からフランス音楽界の注目を集めた。

パリ国立音楽院時代[編集]

2000年、13歳でパリ国立音楽院CNSMDP) に入学し、2005年に最優秀で卒業した。 各種コンクールで受賞。

  • アヴィニヨン国際コンクールで優勝(00年)
  • ドゥエ国際コンクールで優勝(01年)
  • ザルツブルグ モーツァルト国際コンクール で第2位(02年)
  • ロン=ティボー国際コンクールで史上最年少の16歳で優勝 (03年)
  • フランス放送フィルハーモニー管弦楽団からベストパフォーミングアーティスト賞を受賞
  • ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位及び聴衆賞を受賞 (05年)
  • オランダ・へルマン・クレッバース財団賞を受賞 (08年)

新日本フィルハーモニー交響楽団フランス国立管弦楽団フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団リヨン国立管弦楽団バイエルン放送交響楽団、ライプツィヒMDR交響楽団ミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団hr交響楽団モーツァルテウム管弦楽団ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団等と共演、またドイツ国営放送主催のツアー、フランス、スイス、オランダ、オーストリア、イタリア、ギリシャで、ソロリサイタルでも活動をしている。

2003年パリ・シャンゼリゼ劇場クルト・マズア指揮、フランス国立管弦楽団と演奏し、ヨーロッパ各地で放映され高い評価を得た。

室内楽では、ギドン・クレーメル との共演をはじめ、オレグ・マイセンベルクムスティスラフ・ロストロポーヴィチユーリ・バシュメットエドゥアルト・ブルンナールーカス・ハーゲンジェラール・コセユリウス・ベルガーメナヘム・プレスラークリストフ・ポッペンミカラ・ペトリエレナ・バッシリエヴァヴォルカー・アルトマン今井信子野平一郎清水直子伊藤恵児玉桃各氏等、弦楽器のみならず管楽器・声楽及び古典楽器奏者と共演している。

ギドン・クレーメルの招待で出演、共演したオーストリアのロッケンハウス・フェスティバルでは同音楽祭の25周年記念ドキュメンタリーに独占インタビューで出演した。

パリを本拠に、ヨーロッパを中心に演奏活動を行っている。

ミシェル・オークレールヘルマン・クレッバースハンスハインツ・シュネーベルガー の各氏に師事。

現在[編集]

2006年頃から左手の局所性ジストニアを患い、その後も演奏活動を続けていたが、現在は活動休止に入っている。

2005年のミュンヘン国際音楽コンクールで第2位 及び視聴賞を受賞したが、その時点で局所性ジストニアの兆候があったとのことである。

2013年にアメリカのアート雑誌 Art+Auction - Blouin Artinfoでのインタビューで、自身の左手のコントロールの麻痺の事を公表、心境を語っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈・出典[編集]