山田晃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山田晃子やまだ あきこ1986年- )は、東京都生まれのヴァイオリニストである。

生い立ち[編集]

幼少時代[編集]

2歳の時、父の転勤により家族でロンドンへ行き、ロンドン在住中の3歳の時にスズキ・メソードの指導者である母玲子の指導でヴァイオリンを始めた。1993年に帰国し、日本の小学校に1年間通ったが、再び父の転勤により、7歳の時に家族でパリへ行った。パリでは公立小学校に入学し、パリ市立音楽院で音楽を学ぶ音楽コースに入った。在院中からパリ各地の演奏会に参加し、フランス・テレビジョンのドキュメンタリー番組にも取り上げられた。

パリ国立音楽院時代[編集]

2000年、13歳の若さでパリ国立音楽院に入学した。各種コンクールに参加し、第1回アヴィニヨン国際ヴァイオリン・コンクールで第1位(2000年)、第14回ドゥエ国際ヴァイオリン・コンクールで第1位(2001年)、モーツァルト国際コンクールのヴァイオリン部門で第2位(2002年1月)、2002年11月のロン=ティボー国際コンクールでは史上最年少の16歳で第1位をそれぞれ獲得した。2003年、パリ・シャンゼリゼ劇場クルト・マズア指揮フランス国立管弦楽団と演奏し、ヨーロッパ各地で放映されている。2005年、同音楽院を卒業した。同音楽院では、ジェラール・プーレに師事した。

現在[編集]

パリを中心に活動をしている。2005年、ミュンヘン国際音楽コンクールで第2位、ドイツのオスナーブルック音楽賞、オランダのヘルマン・クレッバース賞を獲得した。2006年、フランクフルトでのリサイタル、バイエルン放送交響楽団ミュンヘン室内管弦楽団ライプツィヒ放送交響楽団との共演などを行い、東京では東京国際フォーラムの音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に参加した。また、室内楽では、同年、ロッケンハウス室内楽フェスティヴァルに参加し、ギドン・クレーメルらと共演した。

外部リンク[編集]