山田悠史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまだ ゆうじ
山田 悠史
生誕 (1983-04-02) 1983年4月2日(39歳)
日本の旗 日本・岐阜県揖斐郡
国籍日本の旗 日本
職業医師
活動期間2008年〜
著名な実績「News Live α」コメンテーター

来歴[編集]

2002年3月、私立栄光学園高校卒業後、2002年4月に慶應義塾大学医学部入学、2008年3月卒業。卒業後、東京医科歯科大学医学部付属病院にて初期研修医となり、2010年4月川崎市立川崎病院総合診療科 後期研修医、2013年3月修了。2013年4月より練馬光が丘病院総合診療科にて勤務、2015年5月退職。その後、ニューヨークマウントサイナイ大学関連病院の内科で勤務、2018年6月修了[1][2]。2018年8月米国内科専門医取得[3]。以降、埼玉医科大学総合診療内科助教を務めた。帰国後は、留学を経験して日米双方の医療のありかたを知ったからこそ、「日本なりの内科医、総合内科医として同じスキルセットをもった医師を育てたいという思い」を強くした[4]。2020年8月からはニューヨークに戻り、マウントサイナイ医科大学の老年医学・緩和医療科に所属。その他、講談社mi-mollet(ミモレ)で連載中[5]

2021年1月日本国内での新型コロナウイルスワクチンに関する誤情報のSNS上の拡散や不安の高まりに問題意識を持ち、コロワくんサポーターズを結成[6]。2021年2月6日にLINE上のチャットボットサービス「コロワくんの相談室」をリリース。以降、ワクチンに関する正しい情報を広げ、医療現場の負担を軽減するため、数多くのメディアに出演し、コロワくんの輪を広げる活動をしている。現在、フジテレビ系列「FNN Live News α」のコメンテーターを務めている[7]

出演[編集]

ラジオ番組

テレビ番組

  • TBS系列「ひるおび!」(2021年1月25日)NYからのリモート生出演
  • フジテレビ系列「めざましテレビ」(2021年1月27日)インタビュー出演
  • 日本テレビ系列「ミヤネ屋」(2021年1月27日)NYからのリモート生出演
  • TBS系列「ゴゴスマ」(2021年1月27日)コメント出演
  • フジテレビ系列「とくダネ!」(2021年1月28日)コメント出演
  • NHK総合「週刊まるわかりニュース」(2021年1月30日)インタビュー出演
  • テレビ朝日系列「サタデーステーション」(2021年1月30日)インタビュー出演
  • TBS系列「サンデージャポン」(2021年1月31日)NYからのリモート生出演
  • 日本テレビ系列「シューイチ」(2021年1月31日)インタビュー出演
  • テレビ東京「ガイアの夜明け」(2021年2月2日)インタビュー出演
  • ABEMA TV「ABEMA PRIME」(2021年2月10日)NYからのリモート生出演
  • NHK総合「ニュース7」(2021年2月12日)インタビュー出演
  • 米CNN (2021年2月27日)インタビュー出演
  • 英BBC (2021年3月5日) インタビュー出演
  • テレビ朝日「サンデーステーション」(2021年3月26日)
  • フジテレビ系列「Live News α」(2021年3月31日)
  • フジテレビ系列「Live News α」(2021年5月29日)
  • フジテレビ系列「Live News α」(2021年6月8日)[12]

著書[編集]

  • 『総合内科病棟マニュアル』(編集:筒泉貴彦・山田悠史・小坂鎮太郎)
  • 『あめいろぐ臨床英語 (あめいろぐ・シリーズ)』(編著:反田 篤志 、共著:山田 悠史 ・百武 美沙・高橋 康一・アブラハム もと子・ 齋藤 雄司)
  • 『総合内科病棟マニュアル 疾患ごとの管理(赤本)』(編集:筒泉貴彦・山田悠史・小坂鎮太郎)
  • 『総合内科病棟マニュアル 病棟業務の基礎(青本)』(編集:筒泉貴彦・山田悠史・小坂鎮太郎)
  • 『THE内科専門医問題集1』(チーフエディター:筒泉貴彦・山田悠史)
  • 『THE内科専門医問題集2』(チーフエディター:筒泉貴彦・山田悠史)
  • 『新型コロナワクチンQ&A100―日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答!』(著:コロワくんサポーターズ)
  • 『最高の老後』(著:山田悠史)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Class of 2018 Categorical Residents (PDF)
  2. ^ 山田悠史「臨床留学への道を経験して (PDF) 」 - 東京海上日動メディカルサービス(2015年5月1日)
  3. ^ YUJI YAMADA - American Board of International Medicine
  4. ^ 米国医療、日本にそのままで馴染まないワケ”. Doctors LIFESTYLE | m3.com. 2019年4月27日閲覧。 ※記事閲覧には会員登録が必要
  5. ^ mi-mollet”. 2020年12月16日閲覧。
  6. ^ LINEワクチン相談、コロワくん誕生の陰に医師の苦悩”. 朝日新聞. 2021年2月13日閲覧。
  7. ^ Live News α” (日本語). フジテレビ. 2021年6月12日閲覧。
  8. ^ Team, NP Community (2018年9月3日). “日本で広まるか? アメリカで進むオンライン薬局”. NewsPicks. 2019年4月28日閲覧。
  9. ^ Team, NP Community (2018年12月20日). “医師が教えるインフル対策でもっとも大切なこと”. NewsPicks. 2019年4月28日閲覧。
  10. ^ OH! HAPPY MORNING(ハピモニ)”. 2021年1月30日閲覧。
  11. ^ プロファイラー:ニューヨーク・マウントサイナイ医科大学老年医学緩和医療科医師山田悠史① | CASE FILE from JAM THE WORLD” (日本語). SPINEAR (スピナー). 2021年1月28日閲覧。
  12. ^ 世界初アルツハイマー病新薬を米FDAが承認 専門家「ゲームチェンジャーになるとは考えにくい」(FNNプライムオンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]