山田忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 忍(やまだ しのぶ、1903年明治36年)10月23日 - 1996年平成8年)5月18日[1])は、日本農学者地方公務員農学博士理学博士(いずれも北海道大学にて取得)。専修大学北海道短期大学学長を務め、専修大学北海道短期大学の基盤創出に尽力した。[要出典]

来歴[編集]

1927年昭和2年)、北海道帝国大学農学部を卒業し、北海道庁に入庁。北海道農事試験場根室支場長を経て、同中標津拓殖実習工場長となる。1949年北海道庁を退官する。同年、北海道大学より論文「火山性地土性調査法と北海道に於ける火山性土壤」[2]で農学博士号を授与され、 帯広畜産大学畜産学部教授に就任。

1968年に帯広畜産大学を停年退官し、同大学の名誉教授となる。退官後は専修大学北海道短期大学農業機械科の教授に転じる。専修大学北海道短期大学学科長(1974年)を経て、1977年専修大学北海道短期大学学長に就任した。

1986年、専修大学北海道短期大学を退職。1996年、急性肺炎のため死去[1]

受賞歴[編集]

  • 日本農学会賞(1955年)
  • 北海道新聞文化賞
  • 紫綬褒章

主著[編集]

  • 『肥料不足対策の実際』(柏葉書院、1948年)
  • 『肥料の知識』(北農会、1950年)
  • 『耕土改良の知識』(北方出版社、1954年)
  • 『作物の育つ土と肥料』(農林図書出版社、1962年)

参考文献[編集]

  • 専修大学編『専修大学百年史』(専修大学出版局、1981年)
  • 専修大学の歴史編集委員会編『専修大学の歴史』(平凡社、2009年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典 1994~1996』(日外アソシエーツ、1997年)p.592
  2. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
相馬勝夫
専修大学北海道短期大学学長
第2代: 1977年 ‐ 1986年
次代:
吉田富穂