山本修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 修二(やまもと しゅうじ、1894年1月29日 - 1976年1月22日)は、日本の英文学者、演劇研究者。

人物・来歴[編集]

京都生まれ。探墓家として知られた小学校教員山本臨乗の次男。1919年京都帝国大学文学部英文科卒、1921年龍谷大学教授、1925年第三高等学校教授、1949年京都大学教養部教授、1954年定年退官、名誉教授、立命館大学教授、1967年龍谷大学教授。アイルランド演劇の研究などをおこなうほか歌舞伎評論もした。森本薫と親しく、田宮虎彦は門下生。

著書[編集]

  • 『英米現代劇の動向』創元社 1932
  • ピネロ研究社英米文学評伝叢書 1936
  • 『演劇と文化』教育図書 1941
  • 『日本の演劇』堀書店 教養叢書 1947
  • 『演劇寸史』中外書房 1958 
  • 『アイルランド演劇研究』あぽろん社 1968
  • 『演劇芸術の問題点』あぽろん社 1971

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 山本修二教授略歴・著書目録 立命館文學 1964-08
  • 『日本近代文学大辞典』講談社、1984 
  • 山崎行雄『田宮虎彦論』