山本久男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 久男 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Hisao YAMAMOTO
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 やり投
大学 順天堂大学
生年月日 (1946-07-21) 1946年7月21日(75歳)
生誕地 日本の旗 日本 富山県
獲得メダル
陸上競技
ユニバーシアード
1967 東京都 やり投
アジア競技大会
1970 バンコク やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

山本 久男(やまもと ひさお、1946年7月21日 - )は、日本の男子陸上競技(やり投)選手。富山県出身、順天堂大学卒。1960年代から70年代にかけて、日本陸上競技選手権大会のやり投げ種目で優勝5回、アジア競技大会金メダリスト。

生涯[編集]

富山県立砺波高等学校在学中の1963年(昭和38年)、第18回国民体育大会に出場し、高校男子やり投で優勝[1][2]全国高等学校総合体育大会でも1963年・1964年とやり投げで2連覇している[1]

順天堂大学に進学し、在学中の1967年(昭和42年)、日本陸上競技選手権大会のやり投で優勝[3]。1967年(昭和42年)にはユニバーシアード(東京)の日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得した[4]。大学卒業後は教員となり[2]、1969年(昭和44年)から1972年(昭和47年)にかけ、日本陸上競技選手権大会でやり投4連覇(所属は、1969年に高岡ろう学校、1970年にアオイスポーツ、1971年・1972年に富士商高[注釈 1]教員[3]。この間、1970年にはアジア競技大会(バンコク)で金メダルを獲得している[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「富士商高」は出典[3]の原文ママ。

出典[編集]

  1. ^ a b 富山県スポーツ年史 昭和30年~39年”. とやまスポーツ情報ネットワーク. 富山県総合体育センター. 2021年3月3日閲覧。
  2. ^ a b 講演「スポーツ雑感」 講師 山本登”. 体協だより あすりーと高岡 第13号. 高岡市体育協会 (1999年). 2021年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c 男子やり投 過去の優勝者・記録”. 日本陸上競技連盟. 2021年3月3日閲覧。
  4. ^ 主要国際大会出場者一覧 ユニバーシアード”. 順天堂大学陸上競技部. 2021年3月3日閲覧。
  5. ^ 近現代2_アジア競技大会ヤリ投げ優勝_山本久男氏(昭和45年)”. 砺波正倉. 砺波市教育委員会. 2021年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]