山川一家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山川一家(やまかわいっか[1])は、神奈川県川崎市に本部を置く暴力団で、指定暴力団稲川会の二次団体[2]。稲川会の中核団体の一つとしてその本部に多くの重役を送り込んできた[3]。稲川会最大級の二次団体である[2]

山川一家
設立 20世紀
設立者 山川修身
本部 神奈川県川崎市
首領 内堀和也
上部団体 稲川会代紋.png 稲川会

歴代[編集]

初代:山川修身[編集]

1920年(大正9年)、東京南千住生。11歳で浅草に出て不良少年集団に加わったのち、実兄の計らいで北海道に渡り炭鉱労働に従事。終とともに東京へ戻り、蒲田を本拠に愚連隊を結成。川崎への進出を経て勢力を拡大させた。1958年頃には舎弟だけでも80名を数える勢力となっていた。やがて稲川組の上級幹部であった井上喜人との出会いを経て、稲川聖城の傘下でヤクザの経歴を始動。新たに山川一家を結成した。稲川裕紘を首領に据えた三代目稲川会が発足(1990年)すると、理事長という要職を任された。そして1992年に稲川会の最高顧問となり、山川一家の跡目を清田次郎に禅譲。1997年に死去。[4]

二代目:清田次郎[編集]

1940年(昭和15年)生[5]。本名“辛炳圭”[6]。川崎で総勢80名超の愚連隊を統率していた当時、山川一家を結成したばかりであった山川修身と出会い、自身の率いた愚連隊ごと山川のもとへ入門。若頭への就任を経て、1992年、三代目稲川会の発足に伴い山川一家の跡目を継承。稲川会本部にあっても、早くから運営委員長、理事長補佐、会長補佐などといった執行部の重職を歴任してきた。角田吉男率いる四代目体制下では理事長に就任。2008年山川一家の跡目を若頭の内堀和也に禅譲。そして2010年における角田の死去に伴い、稲川会の五代目を襲名するに至っている。非常に気さくな性格を有することが特筆されている。[5]

三代目:内堀和也[編集]

1952年(昭和27年)、山川一家の地元にあたる川崎に出生。5人兄弟の末っ子で、その出生から間もなく母が死去したことから、父親によって育てられた。大学在学中の20歳頃に清田次郎と出会い、組事務所の手伝いを開始。30代前半頃にを受け正式にヤクザとなった。山川一家にて幹事長や若頭などの要職を歴任したのち、2001年に稲川会の直参に昇格。稲川会本部にあって、会長付、本部長補佐、理事長補佐などの重職を担ったのち、2008年に山川一家の三代目を襲名。[7]

組織図(2012年1月時点)[編集]

出典:実話時報 2012年1月号[8]
  • 総長:内堀和也 ― 稲川会理事長
  • 特別相談役:金森豊二 ― 稲川会顧問
  • 総長代行:泉孔二 ― 稲川会直参。熊本県人吉市出身[9]
  • 若頭:池田龍治 ― 稲川会執行部。秋田県出身で、法政大学入学とともに上京[10]
  • 総長補佐:高島英成 ― 稲川会直参。川崎出身[11]
  • 本部長:諏訪貴明 ― 稲川会代表理事。福岡県出身で、少年時代に家族とともに川崎へ転居[12]
  • 副本部長:髙橋政次 ― 稲川会代表理事。秋田県出身[13]
  • 若中相談役
    • 飯田茂
    • 清水勇司
  • 若頭補佐
    • 統括委員長:岡本朱史 ― 稲川会代表理事
    • 組織委員長:小林稔 ― 稲川会代表理事
    • 渉外委員長:玉村好隆 ― 稲川会代表理事
  • 事務局長:水野勇 ― 稲川会代表理事
  • 総長室室長:長野克也 ― 稲川会理事
  • 統括副委員長:千葉一也 ― 稲川会理事
  • 組織副委員長:鈴木陽一 ― 稲川会理事
  • 渉外副委員長:高原廣伸 ― 稲川会理事
  • 懲罰副委員長:金本永七 ― 稲川会理事
  • 運営副委員長:馬上栄二 ― 稲川会理事
  • 慶弔副委員長:小野英樹 ― 稲川会理事
  • 渉外副委員長:海東弘幸 ― 稲川会理事
  • 直参
    • 河西克彦 ― 稲川会理事
    • 宇田川政幸 ― 稲川会理事
    • 清水久司 ― 稲川会理事
    • 横田実 ― 稲川会理事
    • 澁谷優一 ― 稲川会理事
    • 林光烈 ― 稲川会理事 稲川会総本部付
    • 大井司 ― 稲川会理事
    • 川村公美
    • 内藤善一 ― 班長
  • 会長秘書:野田邦彦 ― 稲川会理事
  • 渉外委員
    • 澤田修行 ― 稲川会理事
    • 下里春夫
    • 佐々明光
    • 外山淳一
    • 松田登志幸
  • 事務局:丸尾克祥
  • 執行委員:井上公裕 · 菅恵一 · 塚本健二 · 高瀬龍洋 · 佐藤浩司 · 近藤典秀 · 大石茂光
  • 常任委員:一條義徳 · 大畑喜和 · 寿剣 · 根本則幸 · 前田将吾 · 柴沼雅一 · 小林眞二 · 木下健 · 田辺貞道 · 金井重明 · 若林倫太郎 · 酒井榮一 · 新倉隆幸 · 野村淳 · 鈴木健太郎 · 河原悦郎 · 田村悟史 · 鈴木高徳 · 金城義人
  • 幹事:中島正弘 · 小室卓也 · 実原裕二 · 天野一仁 · 二村紀男 · 平野裕康 · 野村文雄 · 齊藤秀則 · 神居光太郎 · 酒見雅晴 · 加納健二 · 姫野眞吾 · 瀧口治 · 池上裕明 · 平澤昇 · 渡辺益之 · 岩本創 · 濱田誠 · 木田和好 · 宮内雅則 · 岩井照哉 · 加藤良幸 · 加藤学 · 植松太郎 · 岩佐直樹 · 鈴木正次郎 · 加藤慶一 · 渡辺慎也 · 吉田明 · 工藤浩分 · 高山賢 · 平幹輝 · 谷田部僚一 · 薄井誠 · 金本宜繁 · 高橋健 · 戸田拳 · 米谷悟志 · 中田隆広 · 赤津潤 · 平山和宏 · 木村政光 · 岡誠二 · 尾上誠

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Key Inagawa-kai mob boss arrested』 2009年8月11日 ジャパンタイムズ (英語) ― “Kazuo Uchibori, 56, more commonly known as Kazuya Uchibori, is a heavyweight in the Tokyo-based gang — the third largest in Japan — and heads its Kawasaki-based affiliate Yamakawa-ikka.” ― “ヤマカワイッカ”
  2. ^ a b 稲川会系最高幹部を逮捕 強制執行妨害容疑で警視庁共同通信 2009年8月10日 47NEWS
  3. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  4. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:山川修身 初代総長” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  5. ^ a b 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:清田次郎 二代目総長” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  6. ^ 稲川会の代表に清田会長 都公安委が指定』 2010年7月20日 産経新聞
  7. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:内堀和也 三代目総長” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  8. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:稲川会三代目山川一家組織図” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  9. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:三代目山川一家 最高幹部紹介>泉孔二 総長代行” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  10. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:三代目山川一家 最高幹部紹介>池田龍治 若頭” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  11. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:三代目山川一家 最高幹部紹介>高島英成 総長補佐” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  12. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:三代目山川一家 最高幹部紹介>諏訪貴明 本部長” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房
  13. ^ 『実話時報 2012年1月号』 : “稲川会 三代目山川一家 大軍団の全貌:三代目山川一家 最高幹部紹介>髙橋政次 副本部長” (特別付録) 2011年12月14日 竹書房