山元峯生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山元 峯生(やまもと みねお、1945年7月22日 - 2010年1月28日)は日本の実業家

全日本空輸(全日空)代表取締役社長、副会長を歴任。

来歴[編集]

人物[編集]

全日空で総務・人事畑を歩む。2005年4月に社長就任。前任の大橋洋治社長は推し進めたリストラ策を引き継いで、コスト削減や高価格帯サービスの訴求(スーパーシートプレミアム)、アジア路線を中心とした国際線の増強などを進め、ライバルの日本航空を上回る収益体質を固めた。グループのシンクタンクで、新サービスの提案を研究・開発を担うANA総合研究所を創設。

脚注[編集]

  1. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ(訃報)
先代:
大橋洋治
全日本空輸社長
第12代:2005年 - 2009年
次代:
伊東信一郎