山下雅也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山下 雅也(やました まさや、1953年4月5日 - )は、日本実業家。元本田技研工業常務取締役。同社購買部門のトップを務め、部品調達改革を主導した。長崎県出身。慶応義塾大学経済学部卒業。

経歴・業績[編集]

長崎県長崎市出身[1]長崎県立長崎東高等学校を経て、1977年慶応義塾大学経済学部を卒業後、本田技研工業(ホンダ)入社[1]。同社では主に購買部門を担当し、2002年購買本部四輪購買一部長[2]2003年取締役、2005年執行役員を経て、2006年熊本製作所所長に就任した[2]。同製作所は世界各地にある同社の二輪車生産拠点を支援するマザー機能を担うようになっていたが、海外製と比べ高価な日本製の部品を高い割合で調達しており、生産コストが高まっていた[2]。これを受けて山下は、新興メーカーと競争しながらも日本で生産を続けたいと考え、現地調達率を引き下げ海外部品の調達を進める決断を下した[2][3]。海外の生産拠点についても、現地調達率を高めてきた従来の方針から転換して、グローバル調達を進める方針を示した[2]2008年、購買本部長を経て常務取締役に就任[4]。ホンダは当時、生産の効率化を目的として二輪車部品の仕様削減を進めており、残した仕様に各車種の部品を切り替えていく取り組みを主導した[2]取締役、常務執行役員を経て、2012年に常勤監査役となり、2016年に退任した[5]

人物[編集]

  • 学生時代に本田技研工業への入社を志したきっかけは、ヨーロッパ旅行中に現地の雑誌に掲載されていたホンダ車「シビック」を目にして、そのユニークさに感激したことであるという[1]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 人 熊本を輝かせる人たち (PDF)”. くまもと経済. 2016年10月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f ホンダが2輪で挑む部品調達の大改革”. 東洋経済オンライン. 2016年10月5日閲覧。
  3. ^ 「ホンダ、海外部品を3割超に拡大 小型車用、15年までに」『朝日新聞』2009年11月7日付朝刊、経済面。
  4. ^ 代表取締役および役員の異動に関するお知らせ”. 本田技研工業. 2016年10月5日閲覧。
  5. ^ ホンダ 自動車業界人事ニュース”. 日刊自動車新聞. 2016年10月5日閲覧。