尿蛋白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尿蛋白(にょうたんぱく)とは臨床検査の一つ。腎臓機能の測定のために使用される。

概要[編集]

健常人であれば糸球体で濾過された蛋白質近位尿細管で大部分が再吸収され、尿中に排泄されるのは多くても100mg/日程度である。腎機能が傷害されて再吸収が阻害されると、濾過された蛋白質が尿中に排泄されて検査陽性となり、いわゆる蛋白尿と呼ばれる状態となる。

測定法[編集]

  • 試験紙法
pH指示薬の蛋白誤差を利用
アルブミンのみを検出、感度は10~20mg/dl程度
  • スルホサリチル酸法
酸による蛋白の変性を利用
アルブミンとグロブリンを検出、感度は5mg/dl以上
  • 煮沸法
蛋白の熱凝固を利用
アルブミンとグロブリンを検出、感度は20mg/dl以上

陽性条件[編集]

注意点[編集]

正常であっても運動後や入浴後などでは陽性となる可能性もあるので、検査前日は激しい運動を控えたり、早朝尿を測定したりする必要がある。また、陽性となった場合は再測定を行い、偽陽性を減らす必要がある。