尾崎旦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

尾崎 旦(おざき たん、1889年明治22年)1月17日1932年昭和7年)6月4日)は、陽明社の創始者。高知県出身の歴史家実業家中岡慎太郎の伝記を日本で初めて著した歴史家・尾崎卓爾の兄。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1889年明治22年)1月17日、尾崎旦爾(手島熊吉)の三男として高知県安芸郡北川村大字野川896番地に生まれる。初名は「旦子(たんし)」のち、「子」がつくことによって女子を間違われるのを避けて「旦(たん)」と改名した。母は尾崎旦信(折蔵)の長女・亀。

1908年(明治41年)旧制高知県立安芸中学校を卒業し、慶應義塾大学部理財科(現・慶應義塾大学経済学部)へ進学。東京市芝区三田へ下宿。1913年大正2年)3月31日、同校卒業。1919年(大正8年)5月、公文為之助の長女・米猪(よねゐ)と婚姻。

陽明社の設立[編集]

東京市芝区金杉川口町24番地に、株式会社陽明社を創業し出版業を手掛ける。社名は陽明学の理念から名付けられた。

1927年(昭和2年)、自由党員・今幡西衛らによって、京都円山公園に、坂本龍馬中岡慎太郎の銅像を建設する計画が提起され「坂本中岡両先生銅像建設会」が組織されるとこれに賛同。銅像建設資金を得るため、今幡らが『雋傑坂本先生伝』を執筆。尾崎旦の弟・尾崎卓爾 は自ら執筆した中岡慎太郎の伝記をさらに増補改訂し、同年12月30日、『中岡慎太郎先生』として陽明社から出版した。

1929年(昭和4年)3月5日、『台湾に於けるバナナ沿革史』を著し出版。

同年4月8日、父・尾崎旦爾が逝去したため、同5月7日家督相続を届出。

1930年(昭和5年)1月26日今幡西衛の媒酌により板垣守正の長男・正を養子にむかえる。

1931年(昭和6年)肺結核に罹患し転地療法を行うため、養子・尾崎正を今幡西衛へ預け、郷里近くの高知県安芸郡西浜へ帰省。

1932年(昭和7年)6月4日死去。享年43歳。墓は高知県安芸郡北川村野川にある。

尾崎旦の家督は、同年8月7日、養子・正が相続した。

家族[編集]

  • 祖父:尾崎旦信(折蔵)
    • 父:尾崎旦爾[1]
    • 母:尾崎旦信長女
      • 長兄:尾崎金馬
      • 本人:尾崎旦
      • 妻:公文為之助長女
        • 養子:尾崎正[2]
      • 弟:尾崎卓爾
      • 弟嫁:中越十次郎長女
        • 甥(弟の長男):尾崎博俊
        • 甥(弟の次男):尾崎博雅

著書[編集]

  • 『台湾に於けるバナナ沿革史』尾崎旦著、陽明社(日本)、1929年(昭和4年)3月5日発行

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾崎旦信の養子となる。前名は手島熊吉
  2. ^ 今幡西衛の媒酌により、尾崎旦の養子となる。実は板垣守正の長男

参考文献[編集]

  • 『推動時代的巨輪(日治中期的臺灣國有鐵路1910-1936)』蔡龍保著、臺灣五南圖書出版
  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年
  • 『中岡慎太郎先生』尾崎卓爾著、マツノ書店、復刻版、2010年