小野田賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野田 賢治
おのだ けんじ
生年月日 (1951-04-13) 1951年4月13日(71歳)
出生地 愛知県三好村(現・みよし市明知町)
出身校 愛知教育大学教育学部
所属政党 無所属
親族 父・小野田金章(旧三好町長)

当選回数 2回
在任期間 2013年12月8日 - 2021年12月7日
テンプレートを表示

小野田 賢治(おのだ けんじ、1951年4月13日 - )は、日本政治家教員。元愛知県みよし市長(2期)。

来歴[編集]

愛知県三好村(現・みよし市明知町)に生まれる。父親は三好町長を2期務めた小野田金章[1]。1974年(昭和49年)3月、愛知教育大学教育学部卒業。同年4月、豊田市立の小中学校の教員となる。豊田市教育委員会にも勤務。2012年(平成24年)10月、みよし市教育委員会教育長に就任[2]

2013年(平成25年)8月後半から、市議会最大会派の「新世紀の会」と同第2勢力「みよし未来の会」は、市制施行後最初の市長選に向け候補者選びに奔走していたが、10月までに小野田に一本化された[1]。11月10日告示、17日投票のみよし市長選挙に無投票で初当選した[3]。12月8日、市長就任[4]

2017年(平成29年)11月、無投票で再選。

2018年(平成30年)1月16日、みよし市議の報酬を巡って、住民ら第三者の委員8人による市特別職報酬等審議会が「月額4千円の引き上げが適当」とする答申を提出。2度も無投票で当選を果たしたものの、支持基盤のない小野田は議会に気をつかわざるを得なかった。小野田は、3月2日開会の3月定例会に引き上げ額をさらにその約6倍、2万5千円に増やす条例案を提出した。3月22日、同条例案は恩恵を受けるはずの議員に否決され、報酬額は現状のまま議会は閉会した[5][6]

2021年(令和3年)9月30日、市議会定例会の閉会あいさつで11月の市長選挙に出馬しないことを表明した[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 九郎田宏之「みよし市長選 小野田氏で一本化 今日にも出馬表明」『新三河タイムス』2013年10月10日。
  2. ^ みよし市/市長プロフィール
  3. ^ みよし市/みよし市長選挙無投票のお知らせ
  4. ^ 市町村長及び議会議員の任期満了日等一覧 - 愛知県
  5. ^ みよし市議の報酬増 市議会が否決”. 朝日新聞 (2018年3月23日). 2018年3月6日閲覧。
  6. ^ 愛知・みよし市議報酬、市長判断で2万5千円アップ”. 朝日新聞 (2018年3月23日). 2018年3月23日閲覧。
  7. ^ みよし市長、引退の意向 11月の市長選不出馬”. 中日新聞 (2021年10月1日). 2021年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]