小貫明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小貫 明(おぬき あきら[1]1948年[2] - )は、日本の物理学者。京都大学大学院理学研究科名誉教授。相転移ダイナミクスの理論的研究者で、主にソフトマター物理を研究している。第4回 西宮湯川記念賞を受賞[1]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『現代の物理学 高分子物理・相転移ダイナミクス』(岩波講座、土井正男共著)
  • "Phase Transition Dynamics" (Cambridge University Press, 2002)

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 西宮湯川記念賞受賞者(第1回~第10回) 更新日:2018年3月27日 西宮市
  2. ^ https://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00659122

外部リンク[編集]