小泉節子

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
小泉八雲(左)と節子(右)

小泉 節子(こいずみ せつこ、1868年2月26日慶応4年2月4日[1]) - 1932年昭和7年)2月18日[1])は、小泉八雲の妻。日本に関する八雲の著述を支えた。戸籍上の名前はセツだが、本人は節子の名を好んだ[2]

概要[edit]

出雲松江藩の家臣小泉家に生まれ、22歳の時に松江の英語教師として赴任したラフカディオ・ハーン(後の小泉八雲)と結婚した。夫・八雲の日本語の理解を助けるとともに、幼少時から物語が好きだったこと[3]もあって日本に関する八雲の著述を支えた。八雲との間に三男一女をもうけた。八雲の死後に、八雲との思い出をつづった「思い出の記」を著した[4]

生い立ちから八雲との結婚まで[edit]

1868年慶応4年)2月4日松江に生まれセツと命名される。父は出雲松平家の番頭で家禄300石の小泉弥右衛門湊、母はチエ[5]。生後7日で親類で子供の無かった家禄100石の稲垣家の養女となる。幼いころから物語が好きで、大人たちから昔話、民話、伝説などを聞いて育った[6]。明治維新で士族は家禄を失い困窮した。節子の稲垣家も没落したため、小学校を優秀な成績で卒業し上級学校への進学を希望したにもかかわらず11歳から織子として働き家計を助けた[7]。節子が18歳の時に稲垣家は士族の前田為二を婿養子として迎えるが、為二は困窮に耐えられず一年足らずで出奔した[8]1890年(明治23年)、22歳の初めに正式に婚姻関係を解消して小泉家に復帰した[9]。小泉家も困窮しており、1891年2月頃一人住まいのハーンの家に住み込み女中として働き始めた[10][11][12]

結婚生活[edit]

同居して約半年を経た7月に、ハーンは同僚の英語教師西田千太郎[13]出雲大社近くの稲佐の浜を訪れ約半月滞在したが、ハーンは2日目には節子を呼びよせて仲よく一緒に行動しており「住み込み女中」という扱いではなかった。また8月11日にハーンが友人に出した手紙には節子との結婚を報じている。[14]1891年11月に八雲の転勤で夫婦は熊本に転居。節子は八雲との意思疎通のために英語を勉強するが結局ものにならなかった[15]。しかし八雲が語る片言の日本語の「ヘルンさん言葉」を節子は正確に理解し、夫婦はお互いの意思疎通ができた[16]。熊本では長男の一雄が生まれた。1894年夫婦は神戸に引っ越した。八雲が熊本時代に執筆した『知られぬ日本の面影』が好評となったのを受けて、著述に専念するようになった[17]。これ以後の八雲の主要作品に節子が素材を提供している[18]。神戸在住中の1896年にハーンは兵庫県知事の承認を得て日本に帰化し、更に小泉家への「外国人入夫結婚」の願いが島根県知事に「承認」されて正式に「小泉八雲」となった[19]1896年夫婦は東京の市ヶ谷へ転居する。東京でも節子は八雲に作品の素材を探して提供した。伝承だけでなく当時出版されていた書物を節子が読んで、その内容を「ヘルンさん言葉」で八雲に伝え、彼の執筆を支えた[20]。八雲は節子に対し「本から得た物語で」あっても本を見ずに節子自身の言葉で語る「語り部」であることを要求し、節子はそれに応えた[21]。夫婦は東京で二男一女をもうけるが、夫婦が西大久保に引っ越した1902年頃からハーンの健康が衰え始め[22]、節子が36歳の1904年9月26日に八雲が亡くなった。

八雲の著作に対する節子以外の協力者の存在[edit]

八雲の著作物の中には、元となった書籍の内容が小学校卒の節子が理解できないと推察されるものがあって、彼女以外にハーンに協力した人物が存在すると考えられる。1899年頃八雲と親交のあったフェノロサの婦人メアリーは八雲に仏教説話を物語ったと述べている[23]。また 長男の小泉一雄に「母にとっての影武者」と呼ばれた三成重敬[24][25]や、八雲の死の翌年に「人間、ラフカディオ・ハーン」を著した雨森信成などの協力者がいたが、両人とも八雲の著作への貢献については黙している[26]

晩年[edit]

小泉八雲は生前から遺言状に遺産は全て妻に譲ることを明言していた[27]おかげで、西大久保の家や書斎を生前のまま残すことができ、裕福な暮らしをしながら子供たちを育てた[28]1914年に八雲との思い出をまとめた「思い出の記」が田辺隆次が著した「小泉八雲」に収められて出版された[29]。晩年は動脈硬化に苦しみ、1932年2月18日に64歳で亡くなった[30]

脚注[edit]

  1. ^ a b 長谷川洋二、p11
  2. ^ 長谷川洋二、p13
  3. ^ 長谷川洋二、p42-43
  4. ^ 青空文庫 思い出の記
  5. ^ 長谷川洋二、p11-13
  6. ^ 高瀬彰典 p82
  7. ^ 長谷川洋二、p85-86
  8. ^ 長谷川洋二、p99-103
  9. ^ 長谷川洋二、p104
  10. ^ 高橋彰典 p88
  11. ^ ハーンは二人の出会いについて全く語っていない。長谷川洋二、p125
  12. ^ 節子の話では1890年の12月に松江に赴任してきたラフカディオ・ハーンに嫁いだ。長谷川洋二、p126
  13. ^ ハーンの友人でありよき理解者、夫婦の松江在住中は二人の間[の通訳も務めた 高瀬彰典 p91
  14. ^ 長谷川洋二 p146-150
  15. ^ 長谷川洋二、p161
  16. ^ 長谷川洋二、p162-163
  17. ^ 長谷川洋二 p168
  18. ^ 長谷川洋二、p169
  19. ^ 長谷川洋二、p183-184
  20. ^ 長谷川洋二、p211-214
  21. ^ 高橋彰典 p96
  22. ^ 高橋彰典 p98
  23. ^ 中井孝子 p68-p69
  24. ^ 中井孝子 p71
  25. ^ 節子の遠縁で東大資料編纂部に勤務していた 中井孝子 p66
  26. ^ 中井孝子 p71
  27. ^ 長谷川洋二、p181-182
  28. ^ 高橋彰典 p99-100
  29. ^ 長谷川洋二、p274-275
  30. ^ 高橋彰典 p100

参考文献[edit]

  • 長谷川洋二『八雲の妻 小泉セツの生涯』 今井書店 2014年 
    • 上記書籍と同じ著者、同じ出版社から1988年に「小泉八雲の妻」という本が出版されている。上記の本と段落構成が異なっているが、内容はほぼ同じ。
  • 植木武編『国際羽社会で活躍した日本人』弘文堂 2019年 の 高瀬彰典『小泉セツ』p81-p100
  • 中井孝子『ハーンの妻セツの役割の再検討』 名古屋大学国際言語文化研究科「多元文化」第17号 2017年2月 p61-p75
  • 小泉節子・小泉一雄「祖母のこと、父のこと」(『全訳小泉八雲全集第12巻』恒文社、1967年、p567-p580)