小橋栄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小橋 栄太郎(こばし えいたろう[1]1865年3月30日(元治2年3月4日[2]) - 1932年昭和7年)8月14日[1])は、日本の政治家実業家衆議院議員

経歴[編集]

箱館で商業・小橋宗七の子息として生まれる[3]1882年函館商船学校を卒業[1][注 1]。その後、東京に出て近藤塾で学んだが、当時の自由民権運動に共鳴し政治の世界に身を投じた[3]1883年、先輩と共に北海自由党を結成しようとしたが、当局からの妨害を受けて実現できなかった[3][4]1889年、『日刊北辰』を創刊[4]1894年1月、改めて政事新聞『めざまし』を創刊し、1898年、『函館日日新聞』と改題した[3][4]

1900年平出喜三郎に協力して立憲政友会函館支部を創立して、その幹部に就任[3][4]。その後、函館区会議員、北海道会議員、同副議長を務めた[3]1908年5月の第10回衆議院議員総選挙で北海道庁函館区から出馬し当選[1]中央倶楽部に属し衆議院議員を一期務めた[1]

鉱山経営にも携わったが、晩年は不遇であった[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『北海道人名辞書』266頁では「函館商業学校」。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』243頁。
  2. ^ 衆議院『第二十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報号外〉、1908年、30頁。
  3. ^ a b c d e f 『北海道人名辞書』266-267頁。
  4. ^ a b c d e 『北海道歴史人物事典』145頁。

参考文献[編集]

  • 北海道新聞社編『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子郡平・高野隆之編『北海道人名辞書』北海道人名辞書編纂事務所、1914年。