小林龍生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 龍生
生誕1951年????
東京都
国籍日本の旗 日本
教育東京大学教養学部科学史科哲学分科卒業
業績
専門分野 ユニコード文字コード
所属機関 ユニコードコンソーシアム

小林 龍生(こばやし たつお、1951年 - )は、日本の国際標準アーキテクトである。

略歴[編集]

1951年(昭和26年)、東京都生まれ。東京大学教養学部科学史科哲学分科卒業。小学館で編集者として勤務の後、1989年(平成元年)7月、(株)ジャストシステムに転職[1]。製品企画に携わる。かな漢字変換ATOK監修委員会の設立などを通して、テクノロジーと言語・文化の融合を志す。

文字コード問題では、(株)ジャストシステムの代表として、Unicode Technical Committeeに参加すると同時に、情報処理学会情報規格調査会JSC2委員会委員、漢字WG小委員会主査として、ISO/IEC JTC1/SC2、同SC2/WG2、同 SC2/WG2/IRGなどの国際会議に出席、ISO策定を行う。

業績[編集]

標準化活動[編集]

委員会[編集]

  • 情報処理学会情報規格調査会JSC2委員会(ISO/IEC JTC1/SC2、同WG2、IRG対応)

著書[編集]

単著[編集]

  • ユニコード戦記 文字符号の国際標準化バトル東京電機大学出版局、2011年6月10日。ISBN 978-4-501-54970-1
  • EPUB戦記 電子書籍の国際標準化バトル慶應義塾大学出版会、2016年8月11日。ISBN 978-4-7664-2363-1

共著[編集]

編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 小林龍生「第3章 [幕間1] 一九九五年ごろの文字コード」『ユニコード戦記 文字符号の国際標準化バトル』東京電機大学出版局、2011年6月10日、第1版第1刷、53、54ページ。ISBN 978-4-501-54970-1

参考文献[編集]

外部リンク[編集]