小林真二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 真二(こばやし しんじ、1890年明治23年〉3月5日 - 1965年昭和40年〉4月4日[1])は、群馬県出身の洋画家浦和画家のひとり。

人物[編集]

群馬県大間々町に生まれる。群馬県立前橋中学校卒業後、上京し白馬会研究所に入り黒田清輝長原孝太郎らに師事した[2]風景画を主体とする。関東大震災後、埼玉県浦和町(現さいたま市)に居住。第一美術協会を創設した。光風会審査員、埼玉県展運営委員・審査員。実践女子大学講師

経歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『20世紀物故洋画家事典』(美術年鑑社、1997年)p.122
  2. ^ 埼玉の画家たち さきたま出版会 2000年

関連項目[編集]