小林正人 (医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 正人
こばやし まさひと
人物情報
生誕 1965年????
愛知県半田市
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学
学問
研究分野 脳神経外科学
神経解剖学
神経病理学
学位 博士(医学)(慶應義塾大学)
テンプレートを表示

小林 正人(こばやし まさひと、1965年 - )は、日本医学者脳神経外科医埼玉医科大学教授[1]。専門は脳神経外科学神経解剖学神経病理学

人物[編集]

愛知県半田市出身。愛知県立半田高等学校慶應義塾大学卒業。パーキンソン病・機能的脳神経外科、脳神経外科専門医、脳卒中学会専門医、日本定位・機能的神経外科学会技術認定医、日本臨床神経学会認定医。

著書[編集]

単著
共著
論文
  • 磁気刺激時における脳神経被刺激部位の同定. (2000年). doi:10.11501/3175740. NAID 500000196618. (博士論文)

所属学会[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 埼玉医科大学病院 - 脳神経外科[診療スタッフ・外来担当医表]”. www.saitama-med.ac.jp. 2019年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]