小林信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 信一(こばやし しんいち、1946年 - )は、日本工学者埼玉大学工学部名誉教授。

専門はエネルギー・制御システム、真空絶縁工学。真空中の高電圧絶縁破壊現象ならびに大電流遮断現象、及び、電子衝撃によるガス離脱現象を研究。また、高耐電圧特性を有する電極の開発も行っている。

略歴[編集]

受賞[編集]

  • 1999年 電気学会優秀技術報告賞
  • 1999年 電気学会グループ著作賞
  • 2016年 Walter P. Dyke Award 受賞(「真空中の電気絶縁特性に関する研究 -In-situ表面分析と真空絶縁破壊測定-」)

外部リンク[編集]