小林丑三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小林丑三郎

小林 丑三郎(こばやし うしさぶろう、慶応2年6月12日[1]1866年7月23日) - 昭和5年(1930年1月16日[2])は、日本の衆議院議員公友倶楽部公正会)。経済学者

経歴[編集]

上野国邑楽郡小泉村(現在の群馬県邑楽郡大泉町)出身。1894年明治27年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業[3]大蔵省に入省した後、1896年(明治29年)に法制局参事官1898年(明治31年)に法制局書記官に任じられた[1]1907年(明治40年)に台湾総督府財務局長に転じ、また法学博士の学位を授けられた[1]

1915年大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。1917年(大正6年)、海外駐箚財務官に任命され中華民国に赴任した[3]

その後、明治大学教授専修大学理事兼学監を務めた[3]

その他に日本製鋼所株式会社取締役[1]、共同生命保険株式会社監査役[3]日本大学講師、海軍経理学校嘱託教授などを務めた[4]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『比較財政学』(1905年、同文館)
  • 『国家財政史』(1910年、宝文館)
  • 『財政整理論』(1912年、経済雑誌社)
  • 『日本財政論』(1914年、国民大学会)
  • 『新税制批判』(1926年、章華社)
  • 『批判経済学』(1927年、日本評論社)
  • 『経済思想及学説史』(1927年、日本評論社)
  • 『税制整理の根本批判』(1927年、日本評論社)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大正人名辞典』p.1586
  2. ^ 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b c d 『現代人事調査録』
  4. ^ 『衆議院要覧』
  5. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧下巻 大正四年十一月』 衆議院事務局、1915年
  • 五十嵐栄吉 『大正人名辞典』 東洋新報社、1917年
  • 猪野三郎編 『現代人事調査録』 帝国秘密探偵社、1925年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年