小林・ヒッチン対応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

微分幾何学において、小林・ヒッチン対応 (Kobayashi–Hitchin correspondence) は、複素多様体上の安定ベクトル束英語版アインシュタイン・エルミットベクトル束英語版に関連付ける。対応の名前は小林昭七Nigel Hitchin英語版に因んでいる。彼らは1980年代に独立に次のことを予想した:複素多様体上のアインシュタイン・エルミットベクトル束と安定ベクトル束のモジュライ空間は本質的に同じである。これはDonaldsonによって代数曲面と後にalgebraic manifold英語版に対して証明され、Uhlenbeck と Yau によってケーラー多様体に対して証明され、Li と Yau によって複素多様体に対して証明された。

参考文献[編集]

  • Lübke, Martin; Teleman, Andrei (1995), The Kobayashi–Hitchin correspondence, River Edge, NJ: World Scientific Publishing Co. Inc., ISBN 9789810221683, MR1370660, http://books.google.com/books?id=gxy85Qj3aa4C 
  • Uhlenbeck, K.; Yau, Shing-Tung (1986), “On the existence of Hermitian–Yang–Mills connections in stable vector bundles”, Communications on Pure and Applied Mathematics 39: S257–S293, doi:10.1002/cpa.3160390714, ISSN 0010-3640, MR861491, https://doi.org/10.1002/cpa.3160390714 

外部リンク[編集]