小川一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 一(おがわ はじめ、1958年[1]-)は日本のジャーナリスト。2015年6月から毎日新聞社取締役[2]。2015年3月から日本新聞協会編集委員会代表幹事[3]。1981年に毎日新聞社に入社し[1]、社会部に18年在籍した[4]。同社横浜支局長[1][5]、社会部長[6][1][5]、販売局次長[5]、コンテンツ事業本部次長[5][1]、「教育と新聞」推進本部長[5]、執行役員東京本社編集編成局長[4]を歴任。毎日新聞の電子新聞サービス「デジタル毎日」責任者[7]土門拳賞第33回選考委員[8]

京都市生まれ[9]京都大学教育学部卒業[9]。家族は妻と2男[10]。趣味は剣道[10]

共著・取材[編集]

  • 毎日新聞社会部著『検証・最高裁判所 法服の向こうで』1991年、毎日新聞社 ISBN 4620308358(6記者の1人として取材・執筆担当[11]
  • 毎日新聞社会部著『情報デモクラシー』1992年、毎日新聞社 ISBN 4620308897(記者6名中の1名として取材・執筆担当[12]
  • 毎日新聞社会部編『政治腐敗を撃つ』1993年、毎日新聞社 ISBN 4620309664(連載企画担当者17名中の1名)[13]
  • 毎日新聞取材班著『霞が関しんどろーむ 「官益」国家の裏側』1994年、毎日新聞社 ISBN 4620310115(取材班19名中の1名[14]
  • 毎日新聞社会部編『ウサギの耳とハトの夢 日本の核と情報戦略』1995年、リベルタ出版 ISBN 4947637323(執筆者20名中の1名[15]
  • 毎日新聞社会部編『長命社会を生きる 30代の記者たちと読者との「往復書簡」』1997年、毎日新聞社 ISBN 4620311677(取材班10名中の1名として取材担当[16]
  • 毎日新聞とうきょう支局著『なんだか変!』1999年、毎日新聞社 ISBN 4620313637
  • 毎日新聞「情報デモクラシー」取材班著『個人情報は誰のものか 防衛庁リストとメディア規制』2002年、毎日新聞社 ISBN 4620316083

批判[編集]

2017年9月6日に「山尾志桜里氏の幹事長交代。週刊誌が彼女の不倫疑惑を報じるよう」、「こういうスキャンダルで政治や政局が動くのは残念」と嘆いた。しかし、自民党議員の不倫時は叩いたり、自社の社説の「議員辞職は当然だ。所属する自民党にも責任がある。」に賛同していたため、民進党議員の場合には態度が違うのはダブルスタンダードだと批判されている[17]

ガーディアン紙が報じた毎日新聞が中国の広報活動(実質中国のスパイ行為の支援)について、「文章は読んだが、問題となってる図は見なかったから問題ないと思った」と述べている。

分担執筆・寄稿[編集]

  • メディアと人権を考える会編『犯罪報道と人権』1993年、現代書館 ISBN 4768466230 所収「犯罪報道の現場から」
  • 現代ジャーナリズムを考える会編『テロリズムと報道』1996年、現代書館 ISBN 4768467059 所収「取材・報道の現場で」
  • 椎橋隆幸編『犯罪被害者対策の現状』2000年、東京法令出版 ISBN 4768467059 所収「第6章 マスコミと犯罪被害者」
  • 飯室勝彦田島泰彦渡邊眞次編『報道される側の人権』1997年、明石書店 ISBN 4750309974 所収「東電女性社員殺害事件―新聞の場合 メディア荒廃の系譜」
  • 櫻井よしこ編著『あなたの個人情報が危ない』2002年、小学館 ISBN 4094028870 所収「第一線の記者たちが真実に迫る細い糸」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本新聞年鑑2015』p.508
  2. ^ 毎日新聞グループホールディングス人事・毎日新聞社人事(内定) 朝日新聞 2014年5月20日05時00分
  3. ^ 次期代表幹事に小川氏(毎日東京)【編集委員会】 日本新聞協会 2015年3月12日
  4. ^ a b 日本フィランソロピー協会機関誌巻頭対談No.359/2013年12月号
  5. ^ a b c d e 【記者100人の声】小川 一 氏 毎日新聞 ValuePress! (取材年月:2013年12月19日)
  6. ^ 毎日ジャーナリズム - 毎日新聞
  7. ^ 「オーディエンスファーストで読者の居場所にいち早く」:毎日新聞デジタル担当取締役 小川 一氏 | DIGIDAY[日本版]吉田 拓史 2016年3月10日
  8. ^ 土門拳賞 - 毎日新聞社
  9. ^ a b 小川一 | SYNODOS -シノドス-
  10. ^ a b 毎日新聞とうきょう支局『なんだか変!』p.171
  11. ^ 『検証・最高裁判所 法服の向こうで』p.286
  12. ^ 『情報デモクラシー』p.256
  13. ^ 『政治腐敗を撃つ』p.298
  14. ^ 『霞が関しんどろーむ』p.326
  15. ^ 『ウサギの耳とハトの夢』p.302
  16. ^ 『長命社会を生きる』p.269
  17. ^ [1]「「自民・不倫」を叩き「山尾不倫」を残念がる人たち 「何だよそれ」「扱いの差がヤバい」」

外部リンク[編集]