小出英教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小出 英教
Koide Fusanori.jpg
時代 江戸時代後期
生誕 文政12年9月19日1829年10月16日
死没 安政2年10月10日1855年11月19日
官位 従五位下、加賀守、信濃
幕府 江戸幕府常盤橋門番
主君 徳川家慶家定
丹波園部藩主
氏族 大村氏小出氏
父母 父:大村純昌、養父:小出英発
兄弟 大村純鑑大村純徴大村純享大村純顕阿部正備大村道純、娘(松平乗懿正室)、娘(相良長福正室)、高木正功英教大村孝純大村純熈、娘(九鬼隆能室)、植村家興
正室:小出英発の三女
英尚(長男)、松平義生(次男)
テンプレートを表示

小出 英教(こいで ふさのり)は、丹波園部藩の第9代藩主。吉親系小出家9代。

生涯[編集]

肥前大村藩主・大村純昌の八男。正室は小出英発の三女。

天保13年(1842年)4月15日、園部藩主・小出英発婿養子となる。天保14年(1843年)9月20日、英発の隠居により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下・加賀守に叙任する。後に信濃守に改める。天保15年(1844年)4月、常盤橋門番を命じられる。安政2年(1855年)10月10日、養父に先立って27歳で死去し、跡を長男の英尚が継いだ。