小ピロストラトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小ピロストラトス(しょうピロストラトス、ギリシャ語: Φιλόστρατος ὁ Νεώτερος英語: Philostratus the Youngerfl. 3世紀)は、またの名をレムノスのピロストラトスともいったローマ帝国支配下のギリシャソフィスト。彼は、『エイコネス(絵画記)』の第2シリーズの著者であったが、その内容は完全には伝わっていない。その序文で、彼は、最初のシリーズの著者であった自分の母方の祖父を賞賛しているが、おそらくこれは、有名なソフィストであったアテナイのピロストラトスの義理の息子で、より広く知られたレムノスのピロストラトス(大ピロストラトス)のことである。小ピロストラトスの著作として伝わっているのは『エイコネス』だけであり、その成立年代は250年から300年にかけての諸説がある。もし、早めの年代が正しいとすれば、このピロストラトスは、255年にアテナイのアルコーンであった人物と同一人物であった可能性もある[1]

脚注[編集]

  1. ^ Philostratus, Imagines, LCL, introduction to second series; Brill's New Pauly, "Philostratus [8]".

参考文献[編集]

  • Côté, Dominique. "La figure d'Eschine dans les Vies des sophistes de Philostrate", Cahiers des études anciennes 42 (2005), p. 389-420.
  • Côté, Dominique. "Les deux sophistiques de Philostrate", Rhetorica 24 (2006), 1-35.
  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Philostratus". Encyclopædia Britannica (英語). 21 (11th ed.). Cambridge University Press.

外部リンク[編集]

ウィキソースのロゴ ギリシャ語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:Φιλόστρατος ο νεώτερος