専称寺 (山形市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
専称寺
所在地 山形県山形市緑町3丁目7-67
位置 北緯38度15分6.4秒
東経140度20分47.3秒
座標: 北緯38度15分6.4秒 東経140度20分47.3秒
山号 最上山
宗派 真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
創建年 1483年(文明15年)
開基 願正坊
文化財 鐘楼、梵鐘、絹本著色願正上人像ほか(山形県有形文化財)
テンプレートを表示

専称寺(せんしょうじ)は、山形市緑町(旧寺町)にある真宗大谷派寺院山号は最上山。

本尊阿弥陀如来伝春日作。

起源と歴史[編集]

文明15年(1483年)、本願寺第8世蓮如の高弟、願正が現在の天童市高擶に草庵を建てたことに始まる。第3世寿全のときに専称寺を号する[1]。第4世乗慶の文禄4年(1595年)、最上義光の娘で豊臣秀次の侍女だった駒姫が、豊臣秀吉に謀反の疑いをかけられた秀次に連座し、わずか15歳で処刑されてしまうという事件が起こる。義光はこれに深く悲しみ、翌年駒姫の供養のため、駒姫の生母である大崎夫人が浄土真宗に帰依していた関係から[2]、高擶にあった当寺を山形の二王堂小路(現在の旅籠町、山形地方裁判所、山形市役所の地)に移建した[3][4]。その後慶長3年(1598年)に八町四方の寺領を寄進して現在地に移転、壮大な伽藍を建立し、13ヶ寺の塔頭を持つ寺内町を形成した。この界隈は以後「専称寺町」(通称:寺町)と称され、現在でも多くの寺院が残る。高擶の寺跡には、願行寺が建立されている[5]

専称寺の位置は笹谷街道から北に入る位置であり、仙台への備えとして戦略的に重要な場所であった[6]。また領内の真宗系寺院96か寺を専称寺末寺とすることで、一向一揆を抑える狙いがあった[7]

伽藍[編集]

境内面積は4974坪[3]本堂は大広間、表門とともに元禄16年(1703年)の建立で、現在でも山形市内における寺院の中で最も広大な建物であり[6]、江戸時代中期の木造建築物としては東北第一とされる[8]。書院・庫裏・鐘楼は慶長年間の建築[6]で、梵鐘鐘楼は山形県の指定文化財となっている。本堂の四隅にある力士像は左甚五郎作と伝えられる[1]山門を入って右側に立つ大イチョウは別名「雪降り銀杏」と呼ばれる[6]。根回りが7.5mある巨樹で、山形市の天然記念物に指定されている[9]

文化財[編集]

  • 専称寺鐘楼 - 県指定有形文化財。建築年代は不明だが、梵鐘の鋳造された慶長11年(1606年)頃と考えられる。頭貫である木鼻の絵様や頭貫に施された彫刻などの様式から、桃山時代の特徴が見られる[10]
  • 梵鐘 - 県指定有形文化財。銘により、西村道仁作、慶長11年製とされる。総高115.4cm、口径67.2cm[11]
  • 絹本著色願正上人像 - 県指定有形文化財。高擶専称寺の開基、願正の画。筆者不明だが、桃山時代の狩野派の作とされる[5]
  • 絹本著色義光夫人像 - 県指定有形文化財。最上義光の正室(大崎夫人)の画[12]
  • 砧青磁筍節花瓶 - 県指定有形文化財。南宋時代の作。最上家からの寄進とされる[13]
  • 本堂 - 市指定有形文化財[14]
  • 大イチョウ - 市指定天然記念物[15]

交通アクセス[編集]

  • 山形駅から2.5km。山交バス専称寺口下車2分

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本大百科全書 13』
  2. ^ 『山形市史 中巻』
  3. ^ a b 『山形県寺院大総覧』
  4. ^ 『山形のお寺』
  5. ^ a b 『山形県の文化財』、119頁
  6. ^ a b c d 『山形県の地名』
  7. ^ 『やまがたの歴史』
  8. ^ 昭和60年設置の現地解説板による。
  9. ^ 専称寺の大イチョウ - 山形市観光協会による紹介
  10. ^ 『山形県の文化財』、59頁
  11. ^ 『山形県の文化財』、350頁
  12. ^ 『山形県の文化財』、120頁
  13. ^ 『山形県の文化財』、359頁
  14. ^ 山形市観光協会
  15. ^ 山形十二花月

参考文献[編集]

  • 『山形県の地名』 平凡社 1990年、275頁。
  • 『角川日本地名大辞典 6 山形県』 角川書店 昭和56年、446頁。
  • 『日本大百科全書 13』 小学館 昭和62年、760頁。
  • 『山形県寺院大総覧』 山形県寺院総覧編纂委員会 昭和44年、23頁。
  • 大風印刷編集/発行 『山形のお寺』 平成12年、94-95頁。
  • 『山形市史 中巻』 山形市、昭和46年、125-126頁。
  • 山形市市史編さん委員会 『やまがたの歴史』 山形市 昭和55年、111-112頁。
  • 山形県文化財保護協会編/発行 『山形県の文化財』 2002年。
  • 『山形県大百科事典』 山形新聞・山形放送 昭和58年、553頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]