対馬要塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

対馬要塞(つしまようさい)とは、対馬の防備のため設置された大日本帝国陸軍要塞である。

概要[編集]

対馬警備隊の時代[編集]

対馬中部の浅茅湾を防備するため1887年4月から工事が開始された。この工事は東京湾に次いで日本で二番目のものであった。1888年10月までに4砲台が竣工し、日清戦争を迎えた。

日清戦争後、さらに防備を強化し、浅茅湾、さらに三浦湾・鶏知湾にも砲台が計画された。浅茅湾の防備のため四十八谷砲台・大平高砲台・城山砲台・城山付属堡塁が、三浦湾防禦のため姫神山砲台・折瀬ヶ鼻砲台が、鶏知湾防衛のため根緒堡塁・上見坂堡塁が着工され、日露戦争前の1903年3月までに完成した。

日露戦争中、バルチック艦隊に備えて浅茅湾の防禦を強化するため、郷山砲台・樫岳砲台・多功崎砲台・廻砲台の建設に着手したが、廻砲台の工事は中止された。

対馬要塞司令部の時代[編集]

1920年(大正9年)に対馬警備隊司令部は対馬要塞司令部に改められた。対馬警備歩兵大隊は廃止になり、対馬重砲兵大隊は鶏知重砲兵大隊となった[1]。重砲兵大隊は3個中隊の編制であったが、1922年(大正11年)に1個中隊を減じた[2]1936年に、重砲兵大隊は、2個中隊のまま鶏知重砲兵連隊となった[3]

1939年(昭和14年)には、対馬要塞司令部と鶏知重砲兵連隊が配置されていた。11月10日の時点の人員は戦闘員452名(定員に対する不足76人)、非戦闘員69名(定員に対する不足1人)で、他に馬11匹がいた。非戦闘員のうち20名は鶏知陸軍病院に勤務していた[4]

1941年(昭和16年)7月、関東軍特種演習(関特演)にともなう動員令が出され、対馬要塞の部隊は戦時編制に移行した[5]。鶏知重砲兵連隊は対馬要塞重砲兵連隊となって兵力を数倍に増し、平時に休眠状態だった各砲台に部隊を配備した。対馬要塞防空隊(2個中隊)と、第66要塞歩兵隊(4個中隊)も編成された[6]。この態勢で12月に太平洋戦争に突入した。

第66要塞歩兵隊は、1943年(昭和18年)9月28日に、復帰(解散)した[7]

戦争中、対馬付近には潜水艦が出没して日本の貨物船を攻撃したが[8]、対馬要塞に対する攻撃はなかった。1945年8月に敗戦を迎え、年内に部隊は復員(解散)した。

年譜[編集]

  • 1887年(明治20年)4月 温江砲台・大平砲台・芋崎砲台着工
    • 9月 大石浦砲台着工
  • 1888年(明治21年)8月 温江砲台・大平砲台竣工
    • 10月 大石浦砲台・芋崎砲台竣工
  • 1898年(明治31年)8月 四十八谷砲台着工
    • 10月 大平高砲台着工
  • 1899年(明治32年)11月7日 - 対馬要塞砲兵大隊が事務を開始[9]
  • 1900年(明治33年)2月 姫神山砲台着工
    • 3月 四十八谷砲台竣工
    • 4月 城山砲台・城山付属堡塁着工
    • 4月9日 - 対馬要塞砲兵大隊が下県郡鶏知村に移転[10]
    • 12月 折瀬ヶ鼻砲台着工
  • 1901年(明治34年)8月 根緒堡塁・上見坂堡塁着工
    • 10月 大平高砲台竣工
    • 11月 城山砲台・城山付属堡塁・姫神山砲台竣工
  • 1902年(明治35年)4月 折瀬ヶ鼻砲台竣工
    • 11月 上見坂堡塁竣工
  • 1903年(明治36年)3月 根緒堡塁竣工
  • 1904年(明治37年)8月 郷山砲台着工
    • 9月 樫岳砲台着工
  • 1905年(明治38年)2月 多功崎砲台着工
    • 10月 郷山砲台竣工
  • 1906年(明治39年)2月 樫岳砲台竣工
    • 5月 多功崎砲台竣工
  • 1920年(大正9年)8月9日 対馬警備隊司令部を改編し対馬要塞司令部を設置。

主要な施設[編集]

城山砲台跡
豊砲台跡
  • 芋崎砲台
  • 温江砲台
  • 大石浦砲台
  • 四十八谷砲台
  • 城山砲台
  • 城山付属堡塁
  • 折瀬ヶ鼻砲台
  • 姫神山砲台
  • 多功崎砲台
  • 根緒堡塁
  • 上見坂堡塁
  • 樫岳砲台
  • 大平高砲台
  • 大平砲台 → 大平低砲台
  • 竜ノ崎第1砲台
  • 竜ノ崎第2砲台
  • 豊砲台
  • 棹崎砲台
  • 海栗島砲台
  • 竹崎砲台
  • 西泊砲台
  • 郷崎砲台
  • 郷山砲台
  • 大崎山砲台
  • 豆酘砲台

歴代司令官[編集]

対馬警備隊司令官
対馬要塞司令官

脚注[編集]

  1. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』。「創立第22年 大正9年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111011000 、13 - 15頁。
  2. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』。「創立第24年 大正11年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111011200 、30 - 31頁。リンク先の2 - 3コマめ。
  3. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』。「創立第38年 昭和11年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111012600 、97頁。
  4. ^ 『陸支受大日記』第72号(昭和14年)、「戦時旬報進達の件」 アジア歴史資料センター Ref.C04121614500 中の「壱岐要塞人馬現員表」。リンク先の40コマめ。
  5. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』。「創立第43年 昭和16年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111013100 、128頁。
  6. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』。「創立第43年 昭和16年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111013100 、146 - 147頁。リンク先の19コマめ以降。
  7. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』、「創立第44年 昭和17年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111013200 、174頁。リンク先の22コマめ。
  8. ^ 『鶏知重砲兵連隊歴史』。「創立第46年 昭和19年」 アジア歴史資料センター Ref.C14111013400 、214頁から。リンク先の8コマめ以降。
  9. ^ 『官報』第4922号、明治32年11月27日。
  10. ^ 『官報』第5036号、明治33年4月19日。
  11. ^ 『官報』第2692号、大正10年7月21日。
  12. ^ 『官報』第3013号、大正11年8月16日。
  13. ^ 『官報』第1683号、昭和7年8月9日。

参考文献[編集]