対馬琴のイチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Big Ginkgo Tree in Kin, Tsushima.jpg

対馬琴のイチョウ(つしまきんのイチョウ)は、長崎県対馬市上対馬町琴(きん)地区に生育するイチョウ巨木である[1][2][3]。単に「琴のイチョウ」(きんのイチョウ)または「琴の大イチョウ」(きんのおおイチョウ)とも呼ばれる[1][3]。推定の樹齢は1500年といわれ、「大陸から日本に伝わった初のイチョウ」などの伝承がある[1][2][3]。1961年(昭和36年)には、長崎県の天然記念物に指定されている[4][5]

由来[編集]

琴は、対馬北部の東海岸に位置する集落である[5][6]。古くから朝鮮半島との交流があり、大陸文化の入り口となっていた場所で、1471年(文明3年)に朝鮮で著された『海東諸国記』という書物に「四十余戸」と記載されている[1]

対馬琴のイチョウは、曹洞宗に属する長松寺という寺の前に生育している[4][7][8] 。この木は雄株で推定の樹齢は1500年といい、そのため「日本最古のイチョウ」、「大陸から日本に伝わった初のイチョウ」との伝承がある[1][2][8]。古くから対馬全島に存在を知られていて、「琴のイチョウは対馬の親木、胴のまわりが三十と五[9]と対馬各地の地搗き唄で歌われていた[1][2][8]

35尋という数値は過大であるが、よく目立つ木であり、1809年(文化6年)に書かれた『対馬記事』には「沖より見れば茂りて山のごとし」と記述されていた[1][10]。かつてのこの木は、幹周り12.5メートル、樹高は40メートルを測っていた[1][2]。カメラマンで巨木に関する著書のある高橋弘が2004年に測定したところ、樹高は23メートル、幹回りは13.3メートルの数値となっていた[3]

1798年(寛政10年)には落雷に遭い、幹が裂けて焼け焦げ、中に空洞ができた[1][2][5][10]。この空洞には、近年まで稲荷の祠が祀られていた[1][10]明治時代初期には、近くの民家の火災で延焼する難に遭った[2]。その後蘇生して樹高は40メートルにまで成長したが、1950年(昭和25年)9月の台風29号(キジア台風)によって主幹が折れた[10]。度重なる災害にもかかわらず樹勢は盛んで、とりわけ健全な東側の幹からは「乳根」を垂らしているほどである[1][3][5]。地元の人々もこの木を大切にしていて、かつて琴小学校と琴中学校(ともに1993年閉校)は、「イチョウ」を校章にしていた[1]

対馬琴のイチョウは、1961年(昭和36年)11月24日に長崎県の天然記念物に指定された[5][6][11]。1990年(平成2年)に開催された「国際花と緑の博覧会」に合わせて企画された「新日本名木100選」では、長崎県から「奈良尾のアコウ」(長崎県南松浦郡新上五島町、国の天然記念物)とともに選定されている[1][12][13][14]

交通アクセス[編集]

所在地
  • 長崎県対馬市上対馬町琴675
交通

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『新日本名木100選』、194-195頁。
  2. ^ a b c d e f g h 渡辺、282-283頁。
  3. ^ a b c d e 琴のイチョウ 日本の巨樹・巨木 高橋弘ウェブサイト、2013年3月24日閲覧。
  4. ^ a b 牧野、88-89頁。
  5. ^ a b c d e 長崎県の文化財 対馬琴のイチョウ 長崎県ウェブサイト、2013年3月24日閲覧。
  6. ^ a b 対馬の文化/県指定文化財/天然記念物 対馬ポータルサイト(対馬新聞社)、2013年3月24日閲覧。
  7. ^ 長崎県のお寺一覧 2013年3月24日閲覧。
  8. ^ a b c 琴の大銀杏 長崎観光ポータルサイトながさき旅ネット(長崎県観光連盟 長崎県企画振興部文化観光物産局観光振興課)、2013年3月24日閲覧。
  9. ^ 35尋は、約64.00800メートル。
  10. ^ a b c d 上対馬町 琴の大銀杏 上対馬の観光名所、2013年3月24日閲覧。
  11. ^ 記念物 対馬市オフィシャルホームページ、2013年3月24日閲覧。
  12. ^ 『新日本名木100選』、192-195頁。
  13. ^ 『新日本名木100選』、9頁。
  14. ^ 新日本名木100選 巨樹と花のページ、寺西化学工業株式会社ウェブサイト、2013年2月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度33分24.6秒 東経129度27分23.7秒 / 北緯34.556833度 東経129.456583度 / 34.556833; 129.456583