牧野和春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧野 和春(まきの かずはる、1933年 - )は、日本評論家出版人。 鳥取県生まれ。慶應義塾大学文学部卒。ジャーナリストを経て1968年牧野出版を創立、精神医学書などを出版。のち惜水社社長。奥武蔵在住。

著書[編集]

  • 『投書と文通の急所』高橋書店 1960 急所シリーズ
  • 結婚礼法のすべて』高橋書店 1967
  • 『パーティ百科』山海堂 1969
  • 司会の急所 名司会者にする』高橋書店 1970 急所シリーズ
  • 『男子新入社員実務必携』弘文社 1971
  • 『司会』高橋書店 1973 高橋ジャンボブックス
  • 故事ことわざ』高橋書店 1974 高橋ジャンボブックス
  • 『惜水ノ記』牧野出版 1974
  • 『木々の風貌』牧野出版 1976
  • 『鳥取県の手仕事』牧野出版 1977
  • 『桜の精神史』牧野出版 1978
  • 『ホウノキの花の咲く頃』弘文出版 1978
  • 『樹霊千年』牧野出版 1979
  • 『三重塔紀行』牧野出版 1980
  • 八咫烏の森』牧野出版 1980
  • 『神々の記憶 日本人の心の風景』工作舎 1982
  • 『郷土文化試論』牧野出版 1982
  • 『ふるさとの想念』高木啓太郎写真 牧野出版 1982
  • 『巨樹の顔』八木下弘写真 朝日新聞社 1983
  • 『山嶺へ』牧野出版 1985
  • 『冥府の森』牧野出版 1985
  • 『巨樹の民俗学』恒文社 1986
  • 『巨樹の民俗紀行 百樹の旅』恒文社 1988
  • 『巨木探訪の旅 北のハルニレから南のサキシマスオウノキまで』1988 朝日ブックレット
  • 『森林を蘇らせた日本人』日本放送出版協会NHKブックス 1988
  • 『異相巨木伝承』牧野出版 1989
  • 『本朝巨木伝 日本人と「大きな木」のものがたり』工作舎 1990
  • 吉田璋也と鳥取県の手仕事』牧野出版 1990
  • 『奥武蔵 日々の移ろい 独歩『武蔵野』を超えて』現代書館 1992
  • 『桜伝奇 日本人の心と桜の老巨木めぐり』工作舎 1994
  • 鎮守の森再考』春秋社 1994
  • 『辺境に埋れた放浪の俳・歌人田中寒楼』牧野出版 1996
  • 『冥府の森 原郷熊野にて』牧野出版 1997
  • 『巨樹と日本人 異形の魅力を尋ねて』中公新書 1998 
  • 『日本巨樹論』惜水社 2000
  • 宇宙をもらった男 田中寒楼』惜水社 2002
  • 『新桜の精神史』中公叢書 2002 
  • 『対応すれども行動せず 日本人の自立と「太古の霊」』プレジデント社 2002
  • 『凡夫の民藝論』惜水社 2005
  • 『古木の物語 巨樹信仰と日本人の暮し』工作舎 2007
  • 『残響いろは歌 日本・心の原図考』惜水社 2010
  • 『耕尽 光景・刻印・現世』惜水社 2013

共編著[編集]

  • 紙すきの里』正続 柳橋真共著 牧野出版社 1975-76 
  • 『巨木再発見 環境庁巨木調査によせて 縄文の昔から木は呼びかけている!』編著 牧野出版 1988
  • 『巨樹・名木巡り』編著 牧野出版
関東地区 1989
甲信越・中部 1990
北陸・近畿 1990
九州・沖縄 1991
中国・四国 1991
北海道・東北 1991
  • 『伊那の井月 知られざる放浪詩人』宮脇昌三『因幡の寒楼 知られざる放浪詩人』田中寒楼 牧野著 牧野出版 1995
  • 円空木喰 作仏・遊行廻国・その生きざま』池田勇次共著 惜水社 2000

参考[編集]