対馬オメガ局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地図

対馬オメガ局つしまオメガきょくは、かつて長崎県上県郡上対馬町大増(現・対馬市上対馬町大増)に設置されていたオメガ航法のための送信局海上保安庁が管理していた。

概要[編集]

塔の正式名称は対馬オメガ局送信用鉄塔[1][2]で、通称「オメガ電波鉄塔」「オメガタワー」「オメガ塔」とも呼ばれた。

解体開始までは地上454.83メートルであり、東京タワーなどを上回る日本一高い建造物であった[3]。また、2010年(平成22年)9月13日東京スカイツリーが地上461メートルになるまでは、日本史上最も高い建造物であった[4]

自立塔ではなく、塔本体を多数のワイヤーで支える形式の支線塔のため、設置面積は舟志湾をまたいで1キロメートル四方におよび、中は空洞で垂直タラップが設置されていた。450メートル以上を垂直に登るのは非常に体力を要し、そのため途中に休憩所が設けられていた。

オメガ航法はアメリカ合衆国が開発した電波航法であり、船舶や航空機などに利用するもので、1960年代より実地試験が行われ、1970年代より本格的なシステム構築が行われてきていた。オメガ局は世界に8つあり、2つのオメガ局からの超長波の電波の位相差を計測することで、距離がわかり、現在地を知ることができた。[5]。日本についても、1966年頃よりアメリカとの協議の上、オメガ航法への参加検討が開始され、1967年から無線局設置場所の検討が行われた[6]。1969年に対馬への鉄塔方式での建設が決まり、1970年10月に建設工事が開始され、1975年に完成、同年5月から供用が開始された[6]。鉄塔の建設・管理は日本側で行ったが、送信装置はアメリカから無償貸与された[6][7]

近年はGPS(全地球測位システム)などの利用が進み、1997年9月末に閉局となった。閉局に伴い、塔を保存しようという声も上がったが、維持管理などの問題から解体することが決定。1998年に解体工事が開始され、2000年3月末に解体が完了した。解体後はオメガ塔跡地公園として整備され、地上から10メートル程度がモニュメントとして残されている[8]。解体された鉄塔の一部は、近海の魚礁として沈設されている[9]

歴史[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 海上保安庁政策評価広報室 編(PDF『かいほジャーナル45号』海上保安庁政策評価広報室、2010年12月24日、9頁。全国書誌番号:00114049オリジナルの2011年11月4日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20111104153212/kaiho.mlit.go.jp/info/kaiho-journal/kaiho-journal45.pdf2011年11月10日閲覧 
  2. ^ 対馬オメガ局とオメガセンター(<特集>オメガ航法)”. CiNii. 2022年8月16日閲覧。
  3. ^ 対馬旅行記-東洋一のオメガタワー”. 対馬美女塚!店長&ギンタのつぶやき (2011年8月8日). 2012年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月10日閲覧。
  4. ^ スカイツリー、実はようやく日本一…461mに”. YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2010年9月13日). 2010年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月16日閲覧。
  5. ^ CDR Thomas P. Nolan et al. (1975年). “OMEGA NAVIGATION SYSTEM STATUS AND FUTURE PLANS”. 2017年5月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e 海上保安庁交通部 千葉潤 (2016年3月). “電波標識温故知新(1) オメガ航法システム 第2部”. 電波航法 第57号. 電波航法研究会. 2022年8月16日閲覧。
  7. ^ オメガ航行援助局の設置に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の交換公文(米国とのオメガ航行援助局設置取極)”. 日本国外務省 (1972年8月15日). 2017年5月27日閲覧。
  8. ^ オメガ局跡地公園”. よかとこBY 九州観光. 2022年8月16日閲覧。
  9. ^ 西日本新聞フォトライブラリー「対馬 魚礁づくり」”. 西日本新聞 (2000年4月8日). 2022年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度36分53秒 東経129度27分13秒 / 北緯34.61472度 東経129.45361度 / 34.61472; 129.45361