富谷山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富谷山
標高 365.1 m
所在地 日本の旗 日本
茨城県桜川市
位置 北緯36度23分18秒
東経140度06分17秒
座標: 北緯36度23分18秒 東経140度06分17秒
富谷山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

富谷山(とみやさん)は、茨城県桜川市の北部にある標高365.1mのである。笠間県立自然公園に指定されており、同公園の西端に位置する。

概要[編集]

富谷山の中腹には小山寺があり、三重塔(国の重要文化財)は関東以北で最古のものとされる。富谷山にあることから富谷観音とも呼ばれる。

小山寺の西側に「富谷山ふれあい公園」が整備されている。国道50号沿いの市街地が眼下に広がり、展望台からは筑波山加波山などの山々を一望できる。好天時には富士山も見ることができ、国土交通省関東地方整備局の選定による「関東の富士見100景」に選ばれている。

ふれあい公園まで車で登ることができ、途中の駐車場までは大型バスも通行可能。

ハイキングコースも整備されており、関東ふれあいの道のコースにもなっている。

水戸女子林間農場があったが閉鎖されており、2011年末の火災により焼失した。 水戸女子林間農場は火災の後取り壊され、体育館と両方がなくなった。

外部リンク[編集]