富ノ澤麟太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富ノ沢麟太郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

富ノ澤 麟太郎(とみのさわ りんたろう、本名:富澤 麟太郎、1899年3月25日 - 1925年2月24日)は、日本小説家[1]

経歴[編集]

山形市生まれ[2][3]。幼い頃に宮城県へ移り、仙台市木町通小学校、仙台第二中学校(宮城県仙台第二高等学校の前身)に学んだ[4]

1918年に上京して、早稲田大学予科に学び、佐藤春夫に師事するとともに、横光利一中山義秀と交友関係をもった[4]。大学は結局、中退となった[5]

1921年横光利一古賀龍視などとともに同人誌『街』を立ち上げ、続く1922年には、横光利一、中山義秀小島勗などと同人誌『塔』の創刊に参加した[5]


富ノ澤の作風は「新感覚派の先駆け的存在」とも評され[4]、代表作としては、自伝的作品とされる『流星』などが挙げられる[1][4]1921年に日本で公開された『カリガリ博士』に強い影響を受け、以降、その影響を反映した作品群を残した[3]。また、エドガー・アラン・ポーも愛読していた[4]

富ノ澤はワイル病(レプトスピラ症)に倒れたことがきっかけで死去したが[2]、直接の死因は食事制限を受けていた富ノ澤に母親がヤツメウナギを食べさせたことにあったとする説もある[4]。富ノ澤の死後、母親の妄言がきっかけとなって横光利一が佐藤春夫を非難し、後に詫びるという騒動もあった[4]

富ノ澤の生前には、佐藤春夫が私家版で富ノ澤の『夢と真實』の冊子を制作したことはあったが、富ノ澤の作品が正式な書籍の形で出版されることはなかった[2]。没後十年以上を経た1936年に、横光利一の編集により、『富ノ澤麟太郎集』が沙羅書店から刊行された[2][4]

おもな作品[編集]

  • 流星、『改造』改造社、1924年10月[4]
  • あめんちあ、『改造』改造社、1925年5月[6]

『富ノ澤麟太郎集』には、このほかに、「木馬の馭車」「奇怪なる實在物」「ムハメットと煙草」「セレナアド」「朱夏日語」「ニ狂人」「一世」「青柳正一の自畫像」「夢と眞實」が収められており、中山義秀による「追憶 富ノ澤的存在」も収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus『富ノ沢麟太郎』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 関井光男「富ノ澤麟太郎」『20世紀ニッポン異能・偉才100人』朝日新聞社、1993年11月5日、122-123頁。
  3. ^ a b 中沢弥「夢遊病者の夢 : 富ノ澤麟太郎と「カリガリ博士」」『湘南国際女子短期大学紀要』第9号、湘南国際女子短期大学、2002年2月1日、 100(縦書き35)。 NAID 110006184513
  4. ^ a b c d e f g h i 阿部十三 (2013年11月30日). “富ノ澤麟太郎の文学”. 花の絵. 2014年12月29日閲覧。
  5. ^ a b 早稲田と文学 富ノ澤麟太郎”. 早稲田大学. 2014年12月29日閲覧。
  6. ^ 『あめんちあ』:新字新仮名 - 青空文庫=初出についての記載は誤りを含む。 参照:samatsutei (2012年5月3日). “山下武『20世紀日本怪異文学誌』(07)”. samatsutei. 2014年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]