宮嶋資夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮嶋 資夫(みやじま すけお、1886年8月1日1951年2月19日)は、小説家、僧侶。初期プロレタリア文学としての大正労働文学の担い手であった。

東京出身。本名は信泰。小学校高等科卒。職を転々とし、大杉栄荒畑寒村らを知ってアナーキストとなる。1915年『近代思想』発行人となる。1916年初の小説「坑夫」を発表するが発禁処分となる。1930年思想的悩みから出家、法名は蓬州。弟に宮島啓夫

著書[編集]

  • 『恨なき殺人』聚英閣 社会文芸叢書 1920
  • 『犬の死まで』下出書店 1922
  • 『社会講談 国定忠次』金剛社 1922
  • 『第四階級の文学』下出書店 1922
  • 『宮島資夫自叙伝 第1巻 (裸像彫刻)』春秋社 1922
  • 『流転 他二篇』新潮社 新進作家叢書 1923
  • 『憎しみの後に』大阪毎日新聞社ほか 1924
  • 『金』万生閣 1926
  • 『禅に生くる』蓬州 大雄閣 1932
  • 『禅に生くる 続篇』蓬州宮島資夫 大雄閣 1933
  • 『黄金曼陀羅 長篇創作』大雄閣 1934
  • 『仏教聖典を語る叢書 第3巻 華厳経』大東出版社 1935 「華厳経を語る』2012
  • 『遍歴』慶友社 1953
  • 『坑夫』慶友社 1957
  • 宮嶋資夫著作集』全7巻 西田勝、宮嶋秀、黒古一夫編集 慶友社 1983
翻訳

参考[編集]

  • 『日本近代文学大辞典』講談社、1984年

外部リンク[編集]