宮崎奕保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮崎 奕保(みやざき えきほ、明治34年(1901年11月25日 - 平成20年(2008年1月5日)は、日本の曹洞宗大本山永平寺第78世貫首。曹洞宗管長。道号法諱「栴崖奕保」、黙照天心禅師。 

略歴[編集]

兵庫県加西市出身。加古川市の福田寺で得度し、駒澤大学専門部卒。

人物[編集]

厳格な仏教僧として知られ、肉は一切食さず生涯独身を貫いた。史上最高齢の住職として100歳を過ぎても若い僧と修行を続けた。

2004年にはNHKにて、立松和平がインタビュアーを務めたドキュメンタリー「永平寺 104歳の禅師」で取り上げられ、大きな反響を呼んだ。

著書[編集]

  • 『また逢いましょう』(瀬戸内寂聴との対談)、2005年、朝日新聞社 ISBN 978-4-02-250030-4
  • 『若き仏たちへ』
  • 『経行口伝考』
  • 『髪を断ずるは』
先代:
丹羽廉芳
永平寺 第78世貫首
1993 - 2008
次代:
福山諦法