宮地昭範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮地 昭範
みやじ あきのり
生年月日 (1948-07-28) 1948年7月28日(70歳)
出身校 岡山県立津山商業高等学校
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2010年3月2日 - 2018年2月26日
テンプレートを表示

宮地 昭範(みやじ あきのり、1948年7月28日 - )は、日本政治家。元岡山県津山市長(2期)。

来歴[編集]

1967年(昭和42年)3月、岡山県立津山商業高等学校卒業。高校では野球部に在籍し、2年生のとき投手で県大会で優勝した経験を持つ[1]。同年5月、津山市役所に採用される[2]。1984年(昭和59年)から市職員労働組合副委員長、1992年(平成4年)から全日本自治団体労働組合県本部副委員長をそれぞれ2年間務めるなど「組合の闘士」として鳴らした[1]

2005年(平成17年)4月、環境生活部次長に就任。2009年(平成21年)3月、津山市役所を退職。

2010年(平成22年)2月21日に行われた津山市長選挙に出馬。現職の桑山博之との一騎打ちを制し初当選した(宮地:27,198票、桑山:21,063票)。投票率は56.85%。任期は同年3月18日からであったが、桑山が2月23日に市議会議長に辞表願を提出、市議会が3月定例会初日の3月1日に全会一致で辞職に同意したため3月2日付で繰上就任した[3]

2014年(平成26年)、自由民主党所属の前県議の谷口圭三[4]を破り再選(宮地:26,818票、谷口:20,607票)[5]。投票率は56.79%。

2018年(平成30年)の市長選で再び谷口との一騎打ちとなるも破れる(谷口:25,800票、宮地:20,803票)。任期満了となる3月1日を前に、辞職届を提出した[6]。2月26日開会の市議会定例会で辞職が同意され、同日付で失職した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]