宮内記者会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮内記者会(くないきしゃかい)は、宮内庁の中にある記者クラブである。

概要[編集]

天皇皇后をはじめとした皇族らの会見や外出、宮中行事などの皇室に関する取材を行っている。

記者会は、宮内庁庁舎2階に部屋をもっており、読売新聞社朝日新聞社毎日新聞社産経新聞社日本経済新聞社東京新聞社中日新聞社)、北海道新聞社共同通信社時事通信社日本放送協会日本テレビ放送網TBSテレビフジテレビジョンテレビ朝日テレビ東京の15社が常駐として加盟している。

記者[編集]

宮内記者会の記者は、毎朝、坂下門などを使い皇居に入る。この際、記者は、宮内庁発行の「通行許可証」を皇宮警察に提示しなければならない。

現在、記者会に登録してある記者数は250名程度であり、この数は、記者クラブでは日本最大となっているが、かつて、昭和天皇の崩御直前には、800名程度の記者が登録してあった。

歴史[編集]

その他[編集]

  • 毎年、に行われる「園遊会」で、天皇の「お声かけ」の相手は、この宮内記者会のクラブ総会にて決めている。