室賀城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

室賀城(むろがじょう)は、戦国時代信州に存在した日本の城。現在の長野県上田市に所在する。武田氏に仕えた室賀氏の本拠で、笹洞城、原畑城を総称した呼び方。別名「笹洞城」、「原畑城」とも呼ばれる。

歴史[編集]

天文年間頃、この地域に侵攻してきた村上氏の命により、室賀氏が築城したと推測される[1]

武田氏が信濃に侵攻して村上氏を信濃から追い出すと、室賀氏は武田氏に臣従した。『高白斎記』の天文22年(1553年)に「八月晦日甲辰飯富室カノ本城ヘ移ル」という記述があり、武田氏の重臣飯富虎昌が室賀城へ入ったことがわかる[2]

天正12年(1584年)に室賀正武を滅ぼした真田氏が室賀地域を領有し、城を現在の姿に改修したと考えられている[3]

笹洞城[編集]

笹洞城は山城で、曲輪土塁石垣堀切などの遺構が明瞭に残っている。

主郭は約30×15mの菱形に近い形をした曲輪で、曲輪の東端に櫓台状のマウンドがあり、南面の一部には土塁が残る[4]。主郭の壁面には随所に石垣の残決があり、総石垣張りであった可能性がある[5]

城の東側は連続竪堀放射状竪堀で厳重に守られている[6]

原畑城[編集]

笹洞城の南麓の微高地に存在する。城の遺構はほぼ消滅しているが、堀切や段差の痕跡が観察でき、連郭式丘城と推測される[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三島, p.144-145.
  2. ^ 三島, p.148.
  3. ^ 三島, p.149-152.
  4. ^ 三島, p.130-131.
  5. ^ 三島, p.130, 134.
  6. ^ 三島, p.135.
  7. ^ 三島, p.137.

参考文献[編集]

  •  三島正之「室賀谷の城郭―長野県上田市の中世城郭―」、『中世城郭研究』第31号、中世城郭研究会、2017年、 128-153頁、 ISSN 0914-3203

関連項目[編集]

外部リンク[編集]