宝月誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宝月 誠(ほうげつ まこと 寳月誠 1941年9月26日- )は、日本の社会学者京都大学名誉教授。逸脱研究、シカゴ学派の社会理論研究で知られる。

略歴・人物[編集]

滋賀県生まれ。滋賀県立彦根東高等学校、京都大学文学部卒業。高校教員を経て、京都大学大学院に進む。大阪府立大学に着任後、京都大学文学部助教授、教授、2005年定年退官、名誉教授、立命館大学産業社会学部教授。1990年「逸脱論の研究」で京大文学博士。2012年立命館大を退職。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『暴力の社会学』世界思想社、1980年
  • 『逸脱論の研究 レイベリング論から社会的相互作用論へ』恒星社厚生閣、1990年
  • 『社会生活のコントロール』恒星社厚生閣、1998年
  • 『逸脱とコントロールの社会学 社会病理学を超えて』有斐閣、2004年

編著・共編著[編集]

  • 『逸脱の社会学 烙印の構図とアノミー』大村英昭共著 新曜社、1979年
  • 『薬学の社会学 薬と人間のアイロニー』世界思想社、1986年
  • 『社会調査』有斐閣、1989年
  • 『シンボリック相互作用論の世界』船津衛共編 恒星社厚生閣、1995年
  • 『シカゴ社会学の研究 初期モノグラフを読む』中野正大共編 恒星社厚生閣、1997年
  • 『逸脱』東京大学出版会、1999年
  • 『シカゴ学派の社会学』中野正大共編 世界思想社、2003年
  • 『逸脱研究入門 逸脱研究の理論と技法』森田洋司共編著 文化書房博文社、2004年
  • 『初期シカゴ学派の世界 思想・モノグラフ・社会的背景』吉原直樹共編 恒星社厚生閣、2004年
  • 『社会病理学の基礎理論』松下武志,米川茂信共編著 学文社、2004年
  • 『社会的コントロールの現在 新たな社会的世界の構築をめざして』進藤雄三共編 世界思想社、2005年

訳書[編集]

  • 『医療と専門家支配』エリオット・フリードソン 進藤雄三共訳 恒星社厚生閣、1992年
  • 『社会状況の分析 質的観察と分析の方法』J&L.ロフランド 進藤雄三共訳 恒星社厚生閣、1997年
  • 『プラグマティズムの展開』G.H.ミード 加藤一己共編訳 ミネルヴァ書房、2003年

関連項目[編集]

  • 宝月(寳月)圭吾(1906-1987)日本の歴史学者。東京大学名誉教授。長野県出身。東京帝大卒。
  • 宝月(寳月)欣二(1913-1999)日本の植物生態学者。東京都立大学名誉教授。長野県出身。東京帝大卒。
  • 宝月(寳月)岱造 日本の森林生態学者。東京大学大学院教授。アジア生物資源環境研究センター長。
  • 宝月(寳月)拓三 日本の地理学者。メソ気候研究。熊本大学大学院教授。