完成予想図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
3次元コンピュータグラフィックスによる完成予想図(建築パース)

完成予想図(かんせいよそうず)とは、建築や鉄道・道路・その他の公共施設など土木工事の完成予想を図示したもの。

一般的には、営業・広報的な資料として用いられて来たが、最近ではCGを用いたものが作成され、多方向からの視点で建造物の景観への影響などの検討にも用いられる。

一般的に着工時・製作開始時の図面設計図から作画するため、完成までに計画変更等があった場合、多くの場合は予想図に反映されない。

建築物などの宣伝材料とする場合は、建設中の建物のみで周辺の情景などを描かず、周囲の環境などを意図的に隠蔽する用途に用いられる事もある。

逆に空中写真など実景に合成されることもあり、この場合は積極的に景観シミュレーションを行い、周辺から見たときのイメージをつかみやすくする手段でもある。

関連項目[編集]