安藤裕 (競馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤裕(あんどう ひろし、1979年10月19日 - )は、東京都出身の競馬の元騎手。現横浜ベイスターズ通訳

日本工業大学付属中学校(現駒場中学校)では野球部に在籍し、ポジションは二塁手だった。同高校では器械体操部に所属。騎手としては主にカナダマレーシアで活動していた。ニックネームはハッピー[1]。身長171cm、体重48kg。

父はセタノキングなどの馬主として知られる安藤忠代士

来歴[編集]

日本の中央競馬の騎手となることを志したが視力が悪かったために断念し、1999年に単身渡英、競馬学校に入学。卒業後、ジョン・ゴスデン(John Gosden)調教師の厩舎で下乗りとなり働き同国で騎乗契約を結ぶことを目指すがうまくいかず、2001年にカナダに渡り2003年に騎手免許を取得。

当初所属したウッドバイン競馬場では騎乗馬の確保に苦しむも、格下のフォートエリー競馬場専属になってから頭角をあらわし、2005年7月には重賞初勝利を挙げた。またカナダのシーズンオフにはマレーシアでも騎乗し、通算110勝。

2007年11月、日本に一時帰国していた際横浜ベイスターズの通訳募集の記事を偶然目にし、「野球界で働きたい」という積年の思いから応募。採用された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]