安田夏菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安田 夏菜
(やすだ かな)
誕生 1961年????
日本の旗兵庫県西宮市
職業 児童文学作家
最終学歴 大阪教育大学教育学部
主な受賞歴 第59回 日本児童文学者協会賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

安田夏菜(やすだ かな)は、日本の児童文学作家

略歴[編集]

1961年兵庫県西宮市生まれ[1]親和中学校・親和女子高等学校[2]大阪教育大学教育学部卒業[1]。第5回上方落語台本募集で入選した創作落語が、天満天神繁昌亭にて口演される[3]。「お母ちゃんの味」で第10回学研 読み特賞 受賞[1]日本児童文学者協会会員[3]。「季節風」「こてまり」同人[4][5]しし座AB型[6]

受賞歴など[編集]

  • 「ビーチウインド~潮の香り」[注 1]
    • 1999年 第49回 毎日児童小説コンクール 最優秀賞[7][注 2]
  • 「みかん」
  • 『あしたも、さんかく』
  • 『むこう岸』
    • 2019年 第59回 日本児童文学者協会賞[12]
    • 2019年 第12回貧困ジャーナリズム大賞 特別賞[13]
    • 2019年 国際推薦児童図書目録「ホワイト・レイブンズ」 選定[14]

作品リスト[編集]

  • 『とべ!わたしのチョウ』(文研出版 2007年10月)《絵:藤本四郎》 ISBN 978-4-580-82020-3
  • 『あしたも、さんかく 毎日が落語日和』(講談社 2014年5月)《絵:宮尾和孝ISBN 978-4-06-283228-1
  • 『あの日とおなじ空』(文研出版 2014年5月)《絵:藤本四郎》 ISBN 978-4-580-82223-8
  • 『ケロニャンヌ』(講談社 2015年4月)《絵:しんやゆうこ》 ISBN 978-4-06-195761-9
  • 『レイさんといた夏』(講談社 2016年7月)《装画・挿絵:佐藤真紀子》 ISBN 978-4-06-283239-7
  • 『くじらじゃくし』(講談社 2017年4月)《絵:中西らつ子ISBN 978-4-06-195782-4
  • 『なんでやねーん! おしごとのおはなし お笑い芸人』(講談社 2017年12月)《絵:魚戸おさむISBN 978-4-06-220863-5
  • 『むこう岸』(講談社 2018年12月) ISBN 978-4-06-513908-0
  • 『おはなしSEDs 貧困 みんなはアイスをなめている』(講談社2020年12月)《絵:黒須高嶺》 ISBN 978-4-06-521620-0

アンソロジー[編集]

「」内が安田夏菜の作品

雑誌[編集]

  • 日本児童文学(小峰書店ISSN 05493358
    • 2009年3・4月号(2009年4月1日発行)「ぼくんちの犬」《絵:剣持晶子》
    • 2019年1・2月号(2019年2月1日発行)「寺子屋の保健室」《絵:たむらかずみ》
    • 2020年1・2月号(2020年2月1日発行)「フニャダラ フニャダラ」《絵:大島千明》

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『とべ!わたしのチョウ』文研出版刊、前付より。 ISBN 978-4-580-82020-3
  2. ^ 10月22日 10月の図書館を、ちょこっとご紹介します!”. 親和中学校・親和女子高等学校. 2019年5月14日閲覧。
  3. ^ a b 『レイさんといた夏』講談社刊、奥付より。ISBN 978-4-06-283239-7
  4. ^ 講談社BOOK倶楽部 ケロニャンヌ”. 講談社. 2019年5月14日閲覧。
  5. ^ 『くじらじゃくし』著者紹介
  6. ^ 『YA!アンソロジー 秘密』講談社刊、p236より。ISBN 978-4-06-269496-4
  7. ^ 『あの日とおなじ空』文研出版刊、前付より。ISBN 978-4-580-82223-8
  8. ^ 『児童の賞事典』日外アソシエーツ刊、p206より。ISBN 978-4-8169-2197-1
  9. ^ 協会文学賞受賞作品”. 日本児童文学者協会. 2019年5月14日閲覧。
  10. ^ 『児童の賞事典』日外アソシエーツ刊、p129より。ISBN 978-4-8169-2197-1
  11. ^ 児童文学新人賞既刊”. 講談社. 2019年5月14日閲覧。
  12. ^ 協会賞紹介”. 日本児童文学者協会. 2019年5月14日閲覧。
  13. ^ 貧困ジャーナリズム大賞2019”. 反貧困ネットワーク. 2019年10月29日閲覧。
  14. ^ 講談社BOOK倶楽部 むこう岸”. 講談社. 2019年10月29日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 『児童の賞事典』での表記はヴーチウインド
  2. ^ 名義は安田裕子[8]
  3. ^ 名義は安田夏奈[10]