安中由依

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安中 由依(あんなか ゆい、1984年[1][2]1月26日[3] - )は、日本の女性シンガーソングライター[1][4]である。

新潟県五泉市(旧村松町)出身[1][2][4]新潟県立五泉高等学校卒業[2]

略歴[編集]

かつて実家がCD販売店を経営しており、幼少期はちゃぶ台に上がって踊るほど歌うことが好きであったという[2]。新潟県立五泉高等学校卒業後、歌手を目指して上京[2]。特定の事務所には所属しておらず、派遣社員として事務の仕事と平行しつつ、新潟県内および東京都内を中心[1]に音楽活動を行っている[2]

2009年8月30日、ミニアルバム『gift』発売でインディーズデビュー[5]2011年10月10日に開催された第7回「古町音楽祭」ではグランプリを受賞した[1][2][6]

五泉市で開催されるマラソン大会「ごせん紅葉マラソン」では、安中由依が作詞作曲を手がけた楽曲『スマイル』が大会公式ソングに採用されている[1][4]

ディスコグラフィー[編集]

ミニアルバム[編集]

  • gift』(2009年)
  • life』(2011年)
  • START』(2013年)

出演[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

ソロで活動する他、2009年3月22日に単発バンド『福音』(ふくおん)としてライブを行ったことがある[7]

2010年10月29日より北湯口舞(きたゆぐち まい、岩手県遠野市出身)とユニット『YUI&MAI』名義でライブも行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “笑って泣いて…踏み出そう♪ 11日、五泉紅葉マラソン 応援歌「スマイル」に 地元出身・安中さん作詞作曲” (日本語). 新潟日報(新下10版、朝刊) (新潟日報社): p. 12. (2012年11月8日)  - G-Searchにて2014年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g “故郷思う曲を五泉出身歌手 安中由依さん(28) たくさんの“笑顔”願い【さあ巳年実を結ぼう 5】” (日本語). 新潟日報(新下10版、朝刊) (新潟日報社): p. 12. (2013年1月12日)  - G-Searchにて2014年12月13日閲覧。
  3. ^ 安中由依 (2012年1月27日). “誕生日でした。” (日本語). 由依bar. アメーバブログ. 2012年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c “ごせん紅葉マラソン:紅葉に彩られたコース走り抜け―五泉/新潟” (日本語). 毎日新聞(地方版、新潟) (毎日新聞社): p. 20. (2012年11月14日)  - G-Searchにて2014年12月13日閲覧。
  5. ^ アーティスト情報 安中由依” (日本語). インディーズサウンド. アートヒルズミュージック. 2012年6月12日閲覧。
  6. ^ a b 五泉市出身のシンガー 安中由依さん!!” (日本語). は〜とふる五泉からふるラジオ. エフエムラジオ新潟 (2012年1月4日). 2012年5月24日閲覧。
  7. ^ 福音 - Myspace

外部リンク[編集]